2022-08-15 23:59 [Mon]

生まれた瞬間から死に向かって歩む

    » 日記
    老いかな。

    墓参りに行ってきた。久しぶりの外出だ。
    今回の納骨堂は人が全然いなかった。

    初めての事なのだけど、納骨堂で見知らぬお婆さんに話しかけられた。
    「初めて来るところだから分からなくてねぇ」
    石本と名乗るお婆さん。とても礼儀正しい人だった。
    タクシーでやってきていたのだが、運転手の人にお辞儀をしていたしな。

    何やら領収書やら、謎の封筒やらをお供えしようとしていた。
    幸い係の人が居たので、そこまで案内してあげた。

    気になるのは一人だった事か。80後半~90代ぐらいで、しっかりしていた。
    でも腰は曲がっていたし、歩くのも遅めだ。
    エレベーターで3階まで上れる事を知らずに、階段を上ってきたらしい。

    ……なんかね、途端に寂しくて、悲しくて、泣けてきた。

    お婆さんの家庭事情は分からない。
    だが、結婚せず、子供も居なければ、私も同じ状況になるのか。
    納骨堂には父母妹と共に行ったから尚更だ。いつかは……ね。
    あと何回揃って納骨堂に行く事が出来るのか。

    学生時代、社会人になってからも、私は寂しさをあまり感じない方だった。
    最近になってから、ふとした時によく寂しくなってしまう。
    何回か書いた気がするが、私は孤独死に耐えられないタイプかもしれない。

    今の所は結婚も子供の予定も無い。時と共に可能性はなくなっていく。辛いねぇ
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
    10 | 2022/11 | 12
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring