2022-02-11 23:52 [Fri]

冬の寒さ、飲まず食わずで耐えられるか

    » 日記
    何かの番組で見た事があるようなヤツー!

    ちょっと前にあった本当の話。
    感染者数の更新や、オリンピック関連で書くタイミングを失っていた。

    1週間ぐらい前の夕方15時~16時頃の出来事だ。
    突然、家に中学生が訪ねてきた。

    「すみません、何かお隣さんを呼んできてくれって言われたんですけど……」

    まぁ、良く分からないよね。何だろうと思いつつ、母は隣の家に向かった。
    ピンポンを押すも、誰も出ない。
    すると何処からか声が聞こえてきた。

    「ああ!来てくれたのね!!助けて、トイレに閉じ込められているの」

    はい、ミステリーな香りがしてきたね。
    当然、玄関のドアには鍵がかかっている。密室だ。入れない。
    そこに父が登場。ハシゴを使って、2階のベランダから入る作戦を立てた。

    2階の窓を割って侵入するつもりだったが、幸いにも窓のロックが外れていた。
    不用心じゃね?人や車が多い通りに面しているし、大丈夫なようにも思える。
    実際タイミングが良い事に、父がハシゴに登って、2階のベランダに行く途中を、
    パトロール中のパトカーに発見されている。
    しかし何故か警察官に呼び止められる事は無かった。やっぱり不用心じゃね?

    「何やっているんですか」
    と声ぐらいかけても良いのに。近所の警察官こえーわ。
    何かあったら、パトカーの目の前で泥棒に殺されそうだ。
    ハシゴに登っている父の様子を、下から母が見ていたから大丈夫だったのだろう。
    そう思うしかない。警察官が見て見ぬフリをしていたらヤベーわ。

    話を戻そう。

    父は無事に2階のベランダの窓から侵入。
    お隣さんが閉じ込められているトイレの前まで行く事が出来た。

    トイレのドアが壊れて閉じ込められていたらしい。
    しかも簡単な壊れ方ではない。トイレのドアの鍵なんて簡単なイメージだが、
    どうにもならなくて、ドアを取り外すしか無かった。
    後日、業者を呼んで何とかしなくてはいけないレベルで、本格的に壊れていた。

    お隣さんはトイレにスマホを持っていくタイプじゃなかった。
    もしも近くを通りかかった中学生が、お隣さんの声に気が付かなかったら、
    お隣さんは一日中、トイレの中に閉じ込められていただろう。
    時計が無い場合、どのタイミングで大声を出せば良いかも分からない。
    結構、絶望的な状況だったと思う。

    お隣の奥様は一人暮らし。夫は単身赴任中。母はたまに会話する程度。
    お隣さんは出歩く事が少なくて、近所付き合いがあまり無い。
    燃料代が高騰している影響で、お隣さんの家ではストーブを使っていない。
    家の中でもスキーウェアを着込んで、厚着で凌いでいる。
    父が言うには、家の中なのに外と同じレベルの寒さだったらしい
    (冬の札幌は2度~マイナス10度近くまで行くぞ)。

    わりとすぐ助ける事が出来たのは奇跡的だし、ラッキーだった。
    一日は耐えられるかもしれないが、それ以上はどうなっていたか分からない。
    事件後、お隣さんはドアを閉めるのが怖くなり、ドア全開生活を送っている。
    エッチだね。……エッチかな?


    私はどうしていたのかと言うと、
    「何やら階下が騒がしいな」と様子を少しだけ伺った後、作業に戻っていた。
    まさかこんな事になっているなんて、驚きだった。
    野次馬精神で、私も事件に参加したかった。事件の当事者の一人になりたかった。
    反面、私が行ったところで、出来る事は何も無かっただろうとも思う。

    珍しいような珍しくないような。どっかで起きていそうな事件だ
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
    01 | 2023/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring