2021-10-03 23:59 [Sun]

吉と出るか凶と出るか、今後が怖い

    » 日記
    初めて避妊手術をした。

    以前飼っていた猫は避妊手術をしなかった。
    別に異常も無いのに、お腹を開ける手術は可哀そうだしね。
    ニャンニャンうるさい発情期はあったものの、
    元々あまり鳴かない猫だったので、声が聞けて良い面があった。
    発情期の時はいつもよりも長めに、一緒に居て、抱っこしていた。

    初めて動物病院に猫を連れて行った時は、
    「なんで避妊手術をしないの?ねぇ、なんで?」
    と、しつこく言われた。本当にしつこかった。何だったんだ。

    メリット・デメリットがある手術だし、絶対じゃない。
    理由を何度言っても、首を傾げて「ねぇ、なんで?」と言い続けていた。

    人間と動物の違いなのか、はっきりせず
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1466.html

    大学病院からの血液検査結果が届いた。
    その結果、良く分からん。
    炎症なのか、炎症じゃないのか。良性なのか、悪性なのか。
    何も分からない。ただただ約2万円と、時間だけ消費した。

    「勘」と、「良く分からない」と、「怪しい、気持ち悪い」の連呼。
    解決策はナシ。どうにもならないので、大学病院への紹介状を書いて貰った。
    また病院へ行き、検査をしなくてはいけない……。

    この何も分からない医者だ。
    良く分からないけど、論理的な数式とかを素人に求めていたのだろうか。
    メリットしかないので絶対に手術しろ!と言う押し付けだったのか。
    今となっては分からない。もう会う事も無いだろう。
    現在飼っている若い猫は、近所の別の動物病院で診て貰っているのだ。

    家族の心の中で、思い出と共に
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1991.html

    猫が死ぬ3時間前、妹はいつもの個人病院に猫を連れて行っていた。
    先生から、
    「大丈夫、大丈夫」
    との言葉を貰っていたらしい。
    「妹が嬉しそうに帰ってきた」と、母が言っていた。

    こんな事があったからね……。妹も少しだけ不信感を抱いたのかもしれない。
    今度の動物病院は個人ではなく、チェーン?
    私はまだ行った事が無いので、病院の規模をよく知らない。
    少なくとも個人ではない。複数の医者と看護師が居る病院だ。

    今飼っている若い猫は、前の猫と違い、とにかくうるさい。
    発情期以外でも、よく鳴く猫なのだ。活発で悪戯っ子。
    お嬢様に育てているせいなのか、しつけもなっていない。
    もう家に来てから4ヵ月ぐらい経つが、未だに悪事を働いている。

    とにかくウルサイので「避妊手術をしよう」と言う事になった。
    最初の方にも書いたとおり、メリット・デメリットがあるのだ。

    今日の午前中、病院に行って手術を行った。
    今日の夕飯時に家に帰ってきた。大手術のように思えるが、驚きの日帰りだ。

    内臓の摘出だからね……。恐ろしい。
    気のせいか、お腹がへこんだように見える。
    お腹部分の毛が剃られて、傷の縫い後が確認できる状態になっていた。
    どういうわけか、ガーゼや包帯などの保護が無い。大学病院との違い?
    血が滲んでいるのも見えて、より一層、痛々しい。

    猫本人はと言うと、慣れないエリザベスカラー(首の周りにつける器具)に困惑。
    フラフラとしていたり、ひょこひょこ歩いたり、後ろ歩きしたり、
    頭をぶんぶん振ったり、家具にぶつけたりして、
    エリザベスカラーを外そうとしたり、、、いつもとは完全に違う様子だ。

    麻酔を使った手術後だと言うのに、入院を経た前の猫よりかは
    活発に動き回っている。前の猫は退院後でも、しばらく元気が戻らなかった。
    やはり性格が全然違う。

    今は大人しくしているようだけど、少し心配だ。私は出来れば手術させたくない派だ
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
    10 | 2021/11 | 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring