2021-09-03 21:27 [Fri]

オマエと一緒に畑を眺めたかった

    » 日記
    猫との会話。

    今日の昼間。私は部屋で一人、PCを弄っていた。
    家にいる猫はお気に入りの場所で寝ていた。

    いつの間にか家の中に誰も居なくなり、独りぼっちになった猫。
    誰も居なくなっていた事に気が付かず、私はPC弄り。
    猫が起き上がり、私の部屋の前まで来てニャーニャーと鳴く。

    「うるっせぇーなー、部屋に入りたいのか?」

    部屋のドアを開けてやると、猫はすぐ近くにある階段を少しだけ降りて、
    こちらを見て、再びニャーニャーと鳴き出した。私に「付いてこい」と言うのか。
    大人しく猫に従い、下の階へと降りて行った。

    すると、猫は窓のそばまで行き、こちらを見てニャーニャーと鳴く。
    窓のそばまで行き、猫に近づくと今度はゴロゴロと喉を鳴らしていた。
    ……つまり、こういう事なのか?


    『部屋に閉じこもって、一人で何をやっているニャ』
    『出てこい!おーい!!』

    「うるっせぇーなー、部屋に入りたいのか?」

    『下の部屋に行くから付いてこい』
    『一緒に窓の外の畑を眺めるぞ』

    ちなみに畑には何も無い。動いている物はカラス除けの風車だけだ。
    『風車が面白いから一緒に見るぞ』っと言う事だったのだろうか。
    私が窓から離れようとすると、ニャーニャーとうるさく鳴くので、
    しばらく一緒に窓の外の畑を眺めていた。

    母が帰宅して、家の中の人が増えた事により、解放された。
    一人で寂しかったのかもしれない。それとも畑デートのお誘いだったとか?
    私も少しは猫と仲良くなれたのだろうか。

    一連の流れを漫画に出来れば、萌え漫画になりそうなのに!準備不足だわ
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
    05 | 2023/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring