2021-06-12 23:59 [Sat]

多分、寝ぼけて見ていた夢の話

    » 日記
    寝落ちは気絶に近いらしい。へぇーへぇー。

    最近、本当に酷い。昼食後、もしくは夕飯後に寝ないと気が済まない。
    もちろん寝たくない。寝ている暇があったらゲームがしたい。好きな事をしたい。
    でも身体が言う事を聞かないのだ。どうしても寝てしまう。

    昼食後の昼寝を我慢すると、夕飯後に耐えられない眠気に襲われる。
    昼寝をしていると、夕飯後の眠気に何とか耐えられる……時もある。
    昼寝をしたうえに、夕飯後も寝てしまう場合があるのだ。本当に酷い。
    睡眠時間は6~8時間ちゃんと取れている。だけど、寝落ちしてしまうのだ。
    何なの?体力不足?

    このブログを書く少し前も、寝てしまっていた。
    夕飯後2時間は耐えられたが、駄目だった。
    寝落ちだ。急に眠気に襲われて、どうしようもなくなった。
    ベッドに横になったら、一瞬にして寝たッ!

    寝たはずなのだけど、気持ち的には寝たくない。
    寝たくない意志がそうさせたのか、夢の中で私は目覚めていた。

    いつもと視界が異なっていて、目が回っていた。
    ベッドで横になったまま起き上がるような感覚。頭、首が傾いたままだった。
    視界が安定せず、傾いた状態で更にグルグルと回る感じ。
    3Dゲームだったら、ほとんどの人が酔うと思う。
    私は3Dゲームでほとんど酔わないからなのか、夢でも酔わなかった。

    夢と現実の狭間のようだった。
    自分の部屋なのだけど、自分の状態(主に視界)がおかしい。
    現実感があるのだけど、夢のような感覚もある。

    ベッドから起き上がろうとしても、なかなか起き上がれない。
    ようやく起きたと思ったら、また目覚める。
    何とか立ち上がって、PCの目の前まで行くが、
    またベッドで寝ているシーンに戻される。

    今の私は覚醒しているのだろうか。それとも夢の中なのだろうか。
    寝ぼけているだけなのだろうか。とっても不安定。

    妹が下の階の部屋で怒っている声と音が聞こえて、完全に目が覚めた。
    「何をしているのだ、アイツは」
    と思いながらフラフラと立ち上がり、自分の部屋のドアを開けた。
    すると、隣にある妹の部屋の明かりが付いていた。
    そう、妹は下の階に居なかったのだ。

    今の私は現実の世界で目覚めているのだろうか
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
    10 | 2021/11 | 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring