2021-06-08 23:59 [Tue]

何が面白かったのか、笑い過ぎた

    » 日記
    これは幸せなのか。

    初めての出来事かな?自分でも思い出せない。
    少なくとも最近は無い出来事だった。

    就寝中、笑いが止まらなかったのだ。

    夢の内容がとても面白かった。
    今、思い出すと大した事じゃないのだが、何故か夢の中では爆笑だった。

    見知らぬ小さい女の子が、パンのトーストを玄関まで届けてくれる。
    ピンポンを押して、ドアをトントンしている間に、急いで玄関のドアまで行く。
    ドアの覗き穴から女の子を確認できると、
    ドアの下の隙間にパンのトーストを差し込んでくる。

    現在住んでいる家とは違い、夢の中の私はマンションのような場所に住んでいた。
    何故か玄関のドアの下に隙間があるマンション。
    そして、ドアの下の隙間にパンのトーストを直置きして、立ち去る女の子。
    夢の中の私は爆笑。笑い過ぎで、眠りが浅く感じた。
    寝ているのに、声を出して笑っていた自覚がある。家族には指摘されなかった。

    ピンポンやドアのノック中に、ドアの覗き穴に辿り着けなかった場合、
    ドアには張り紙が貼られる。
    「不在だったようなので、後日改めて来ます」
    オレンジ色のマジックで書かれた文章に、私は爆笑。なんだこれ。

    ピンポンやドアノックを無視し続けて、手書きの不在票を集める。
    私は集めた不在票を何故か、別の家の玄関のドアに大量に貼り付ける。
    すると、女の子は別の家の玄関に向かい、パンのトーストを直置きしていく。
    不在票の数だけ、大量のパンのトーストが玄関前に直置きされる様子を見て、
    私は爆笑していた。腹が痛いほどでは無いが、笑いが止まらない。

    いや、何だったんだ?意味不明すぎる。
    寝る前にクソゲー実況で、思わず吹き出すような理不尽を見たのが夢に反映された?
    クソゲーの内容と、夢の内容に類似点が無い。どっちも笑ったと言うだけだ。

    あー書いていたら、パンのトーストが食べたくなってきた
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
    09 | 2021/10 | 11
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring