2021-01-14 23:59 [Thu]

線でしか覚えていなかった身体の起伏

    » イラスト
    分かっているつもりで、意外と分かっていなかった。

    Blender面白い。思わず熱中してしまい「あれ?」と自分でも驚くほどだ。
    新年に決めたとおり、毎日コツコツと進めている。
    少しずつなので進捗があまりにも遅くて、ヤキモキしているけどな。
    早く進めたい!でも、焦っちゃ駄目だ!
    そんなセルフ焦らしプレイ。完成までに平気で1ヵ月以上かかりそうだ。

    毎日のように絵を描いて修行していた時期(2019年4月辺りから1年ぐらい)。
    筋肉を意識した絵を描いていて、かなり分かったつもりだった。
    それが本当に「つもり」だったのだと、理解した。

    やはり絵を描く感覚と、モデリングは違う。
    線で作るのではない。デッサンに近い部分もある気がする。
    人体の起伏で困ってしまうのだ。

    ネットで拾った絵を参考に、それっぽくは出来ている。
    でもね、背中の部分で困った。
    正面と横、斜めはよく見かけるが、どういうわけか背中の絵は見かけないのだ。
    背骨の部分と、肩甲骨はどうなっているの!?
    描けると思っていたけど、意外と背中が分かっていなかった。

    他にも脇腹部分とかね、少しマニアックな部分が分からない。
    三角筋をさんざん描いて、分かったつもりになっていたけど、大丈夫だろうか。
    これからBlenderで作り込むのが楽しみだ。

    線で絵を描く分には、背中、脇腹、三角筋は大丈夫なはず。
    問題は線でしか把握していない事だ。
    筋肉の起伏については、感覚でしか分からない。

    逆に分かっているからこそ、みぞおちを強調し過ぎて、
    改めて全身を見直すと、ガリガリの骨人間になっていたりする(笑)
    加減が難しかったぞ、Blender!ついついやり過ぎる。

    人体の起伏に関する知識が甘いから、色塗りに困るのだろう。かなり勉強になる
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
    09 | 2021/10 | 11
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring