2020-12-06 22:36 [Sun]

突然始まる命がけのかくれんぼ

    » 日記
    祖母が散歩に行ったまま、迷子になったのだ。

    母の心労を想像すると辛い
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1005.html

    またしても、母の呼び声から始まる問題発生。
    祖母が近所で迷子になった。

    前回は3年前か。最近のように感じていた。
    今回は規模が広がった。

    今日の昼食後。13時頃に突然のスタート。
    「祖母が12時頃に散歩に出かけたまま、1時間帰って来ない」
    母の弟からの電話で、それぞれが動き出した。

    父は車で捜索を開始。母は歩きで近所を捜索。母の弟も捜索。
    私はそれぞれの人から連絡を受け取って、それぞれに伝える役割。
    はい、こんな事態でも家に引きこもり。

    祖母は頻繁に私の家に電話をかけるため、電話番号を覚えていた。
    それでオバチャンが、私の家に電話をかけてきたのだ。

    前回の事もあり、もしかすると家の電話に連絡が来る可能性があった。
    電話番はどうしても必要なのだ。

    祖母が居なくなってから1時間半後。捜索開始から30分後
    今回はまったく発見できない。
    休日で家に居た妹も捜索に参加する事になった。
    妹の車に母が乗り、二人で捜索を開始。

    祖母が居なくなってから2時間後。捜索開始から1時間後
    やはり発見できない。「見つからないよ」の連絡が行き交う。
    父が一旦帰宅した。「一人で運転しながら探すのが辛い、お前も来い」
    と言われたが、電話番だったので無理だった……。
    「そうか……」と言い、父は再び捜索へ。

    祖母が居なくなってから2時間半後。捜索開始から1時間半後
    「警察に保護された」との情報が入る。各人へと連絡。捜索完了。

    祖母が居なくなってから3時間後。捜索開始から2時間後(既に捜索完了済み)
    交番で保護されていた祖母が帰ってきた。
    そして答え合わせ。


    お昼に散歩をしていた祖母は、迷子になってしまった。
    キョロキョロと挙動不審な祖母に、近くにいた見知らぬ叔父さんが声をかけた。
    「家の帰り方が分からない」と答えたと言う。
    住所を聞いても、大まかな場所しか答えられず、交番へと連れて行かれた。
    珍しい名前じゃないのに、名前と地区だけで、警察から連絡が来た。すげえな。

    今回、祖母が保護された場所をグーグルマップで調べてみた。
    祖母の家からだと、直線距離で1.5kmぐらいあった。
    実際に行こうと思うと、距離がもっとある。私には馴染みの薄い場所。
    私がたまに行く漫画喫茶よりも遠い。歩きだと、なかなかキツイ距離だぞ。
    当然、前回よりも、かなり遠い場所だ。

    そして父の捜索範囲に入っていた場所だった。惜しいね、ニアミスかな。
    いつから交番に居たのかは不明だが、建物内に居たら発見できないよな。


    どこらへんが命がけなのかも、一応書いておこう。
    今の札幌は雪が積もっていない。それでも気温は5度以下である。
    いくら着込んでいても寒い。長時間、訳も分からず外に居るとどうなるのか。

    人通りの少ない場所で動けなくなっていた場合。
    想像するのは容易いだろう。

    車通りの激しい大きい道に、フラフラと飛び出そうとしている所を、
    近くを通りかかったオバチャンが止めたらしい。

    交通事故の可能性。
    前回は危なっかしい様子が目撃されている。子供と老人は危険。

    今のご時世、新型コロナウィルスの問題もあるか。
    人と接触しない散歩とは言えね。仕方ないね。ゴートゥーだよ!

    下手すると私よりも歩ける祖母。次回は大変そうだ。もう辞めてね
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
    09 | 2021/10 | 11
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring