2020-09-27 23:34 [Sun]

キミが居なくなってから100日目

    » 日記
    猫について書くのは多分、今度こそ最後。

    何処に行ってしまったの、ああー
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-2020.html

    家に居た猫が死んで1ヵ月が経とうとしている。
    当初ほどではないけど、やはり悲しい。また一緒に暮らしたい。
    もう会えないと思うと、苦しい気持ちになる。

    ついに今日が、猫が死んでから100日目。
    調べてみると、100日目に庭に埋める人もいるようだ。
    家では「1年経ったら埋めよう」と言う話になっている。

    葬式をやった場所では、
    「100日が経つと、不思議と気配が無くなる」
    と聞いた。どうなのだろうか……。

    実は上リンク先の記事以降、猫の夢を見た記憶がない。
    もしかすると、もうすでに。
    何処に行ってしまったのだろう。不思議だな。
    寂しがり屋で、いつも誰かの後をついて周っていたのに、
    一人で何処かに行ってしまったのかい。成仏する必要があるもんね。

    父は未だに引きずっている。
    お供えの水やご飯を交換したり、オヤツをあげたりしている。
    夕飯時(半分酔っている)や、就寝時に猫に話しかけている。

    猫はいつも、父のベッドの中央を陣取って寝ていた。
    父は猫に気を使って、ベッドの端かベッドの下で寝ていた。
    今もそうだ。さすがにベッドの下はないが、ベッドの端で寝ている。

    妹もオヤツをあげたりしていた。母はドライで、切り替えていけ派。
    私は、、、いつも猫が居た場所を何となく見ている。
    私が階段を上る時に、猫はドタドタと走って追いかけてきたなーとか。
    私がトイレから出て手を洗っていると、猫は待ち伏せしていたなーとか。
    いつも猫が寝ている場所、猫が外を眺める場所、猫が爪を研ぐ場所。

    わああー!

    私も父と同じようなものだ。でも、いつまでも引きずるわけにはいかないか
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring