2020-08-06 23:13 [Thu]

頭カラッポに出来ない、逆に難しい

    » 読書
    やっぱり、あんまり記憶に残っていない……。

    頭カラッポにし過ぎ、もっと頑張れ
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-2032.html

    悟空ベジータなど、メインキャラ勢との絡みが無いとピックアップされない。
    絡みが無い時は何しているの?お茶を飲んで雑談?
    バトルロイヤルとはいったい……。

    上リンク先はドラゴンボール超8巻の話だ。
    今日あまりに暑かったので、PCの電源を入れずに、少しだけ漫画を読んでいた。
    ドラゴンボール超6巻を読み直していて、気が付いた。
    バトルロイヤルしているじゃん!

    ドラゴンボール超5巻の最後の方~ドラゴンボール超6巻の最初の方。
    ページにすると、40ページあるか、ないかぐらい。
    漫画版オリジナルで、全ての破壊神が同時に戦うシーンだ
    (アニメ版では全覧試合で戦った破壊神が、たったの3人?)。

    全体攻撃をしたり、不意打ちをしたり、見境なく攻撃したり……。
    本番の力の大会よりも、破壊神同士の方がバトルロイヤル感が出ていた。
    力の大会は何故、残念な事になったのだ。

    全王「ぜんぜん見えないね」
    全王「早すぎるし、ウルサイし、つまんないね」
    全王「……うーん、なにが面白いか、わからなかった」
    全王「これなら、やらなくても、いいかな」

    ドラゴンボール超6巻の、全王様のセリフを少しだけ抜粋した。
    力の大会は、全王様を楽しませるための茶番だった?

    いくら強さが曖昧になったドラゴンボール超とは言え、
    破壊神に迫る勢いで強いキャラが、確実に何人も存在する。
    ナメプをせずに、本気でバトルロイヤルをすれば、
    破壊神同士の戦いのようになったはずだ。
    あらかじめ各宇宙の破壊神が、ナメプをするように言ったのかもしれない。

    いやでも、破壊神もろとも消滅の危機にあったはずだ。
    ナメプをするような余裕なんてあったのかな。

    全王様は力の大会で、いったい何を見ていたのだ?

    ドラゴンボール超以前のドラゴンボールでは、戦闘力が違い過ぎると見えない。
    「え?え?今、何をしたんだ?」
    みたいな感じで、戦いを追いきれないシーンが何度かあったはず。

    力の大会の闇と謎は深い。解説して、ツッコミを入れてくれる本が待ち遠しい
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring