2020-06-05 22:26 [Fri]

生活スタイルの調整をするしかない

    » 日記
    最近、天気の事ばかり書いていたけど、ようやく書けた。

    私の運命を変えた本
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1780.html

    およそ9ヶ月間、読書習慣。
    およそ9ヶ月間、スクワット。

    およそ8ヶ月間、ペンタブを使った修業。

    およそ7ヶ月間、DSのえいご漬け。

    およそ6ヶ月間、腹筋。

    習慣になってしまって、思い出せないだけかもしれないけど、
    とりあえず上記5項目を習慣化できている。

    せっかく身に付き始めていた習慣を手放した。
    読書、筋トレ、英語の勉強、絵描き、それらを捨てた。
    ようやく手に入れた朝型生活も捨てた。
    今は、とにかく暴れ出さないようにする事だ。

    私は良くない生き方をしていると思う
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1958.html

    猫が血を吐いたのだ。今回は明確に血だったようだ。
    そして、猫の元気が無い。
    あまり動かず、ご飯を食べない、水を飲まない。

    この後、猫は元気な日々を過ごしていた。
    血を吐いた事なんて、嘘のようだった。

    しかし、およそ1週間後の5月29日。再び、異変が襲う。

    猫がフラフラしているのだ。

    突然、動けなくなった。
    朝は今まで通り元気だった。
    昼も元気だった。いつものように昼ご飯を食べていた。

    5月29日15時頃、フラフラになり、歩けなくなった。
    手足に力が入らない様子だった。

    残された時間は、あと僅か
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1847.html

    せいぜい寿命を延ばすのが精一杯。

    更には、脇腹の部分にも小さい影が発見された。
    がん細胞の増殖が止まらない。

    ああ、ついにその時が来てしまったのか。
    猫はガンの宣告をされている。
    「もう駄目なのだ」と、父母、そして私は思った。

    しかし病院に連れて行くと、肺がん関係では無い事が判明。
    耳の中の石、耳石の問題か、もしくは脳の神経の問題。
    目が回って、上手くバランスが取れない状態なのだ。

    ビタミン剤、点滴による水分の補給など、
    病院で何種類か注射を打ち、様子を見る事になった。

    今日まで、ほとんど毎日のように病院に通って、注射を打って貰っている。
    「早くて1週間、遅くても2週間ぐらいで症状が改善、治るはず」
    先生の言葉通り、1週間が経った今ではかなり改善してきた。
    もう少しで治るかも?

    精神的に不健康な状態、もうダメポ
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1968.html

    ゲームでストレス解消したいのだけど、また時間が制限され始めた。

    少し前に書いた、「時間の制限」とは、このこと。

    とにかく今は、猫の見守りを交代で続けている。
    一人でトイレに行けない。高い所(ソファの上)に登ろうとする。
    水も、ご飯も、一人で食べる事が出来ない。
    猫の介護である。

    ストレスが解消されない。自分の時間がない。仕方が無い状態なのだ
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
    11 | 2021/12 | 01
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring