2019-11-02 23:59 [Sat]

トゥームレイダー の録画を観た

    » 映画
    2019年10月27日に放送された映画。正確には今週のタイムシフト。

    トゥームレイダー (映画)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/トゥームレイダー_(映画)

    ずいぶん昔に何度か観た記憶がある。今回は久しぶりの観賞。
    改めて調べて、2001年に公開された映画と知りビックリだ。
    古い映画だとは思っていたけど、もう18年も前の映画になるのか。

    当然、絵が荒い感じがするし、CGは洗練されていない。
    だが、それが良い。何とも味わい深い物になっている。
    一周回って新鮮味を感じる。
    今の私ならば、昔の映画のストップモーションを見て感動できそうだ。

    ストーリーは無いに等しい。
    アンジーが演じるララ・クロフトが飛び跳ねて、銃を撃つ映画。
    それで良いんだよ。ドンパチ冒険アクション映画として安定の面白さがある。

    最初に観た時は、ララとロボが戦うシーンにワクワクした。
    ララが邸宅の天井にヒモを付けて、ブランブラン戦うシーンも好き。
    うん、映画の前半部分だな。
    どういうわけか後半の記憶が抜け落ちていた。
    私の記憶に残っているのは、2の方だったようだ。
    テレビ用にカットされたのだろうけど、何とも妙な終わり方だったな。

    ダニエル・クレイグ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ダニエル・クレイグ

    当時はまだ意識して見ていなかったダニエル・クレイグ。
    6代目ジェームズ・ボンドな。
    まさかトゥームレイダーに出演していたとは思わなかった。
    新ジェームズ・ボンドに抜擢された時に初めて知ったレベルだった。
    今回トゥームレイダーを久しぶりに観て、新たに発見したポイントだ。

    汚い大人になった現在、アクション以外にも、乳にも注目してしまう。
    デカくね?いくら若くてムチプリなアンジェリーナ・ジョリーと言えど、
    ちょっと不自然なレベルで大きいように見えた。
    絶対にパッドだぜ、あれは。

    ララと言えば巨乳という点がある。
    最近のゲームだと控えめになっているが、リブート前までは巨乳キャラだった。
    巨乳キャラを反映するために、パッド盛り盛りだったのだろうな。
    シーンによって、大きさが違うようにも見えた。こだわりのオッパイかよ。
    走ると乳揺れする。ゲームファンも納得の再現度かよ。

    なお、リブートされた最近のトゥームレイダーのララは、乳揺れしない模様。
    あくまでも昔のイメージ。最近のトゥームレイダーをプレイしていて、
    私はオッパイの印象が残っていない。

    ゲームと言えば、改めて観た映画のトゥームレイダーは凄くゲームっぽく見えた。
    邸宅ステージ、森ステージ、遺跡ステージ……。
    敵キャラやギミック、ステージの仕掛け、ゲームに見えて仕方が無い。
    私がゲーム脳なだけではない。まぁ、都合が良いと言うかね。
    「ほら、アクションしろよ」
    と言う雰囲気をビンビンに感じる。そのままゲームに移植できそうな内容だった。

    忘れた頃に、たまに観ると良いと思う。個人的には良作な映画だ
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring