2019-10-20 23:58 [Sun]

自分で見つけると気持ちが良い

    » 日記
    昔読んでいた漫画をフッと再び読みたくなる時ってあるよね。

    何故か知らないけど、私の中でダイの大冒険が再燃!
    久しぶりに少しだけ読んでいた。おかげで、こんな時間になった。
    小中学生の時にハマっていた漫画だ。

    大学生ぐらいかな?しばらくしてから読んだ時は、
    「説教くせえ、説明が鬱陶しい」
    などの別の感想があった。今はまた別の感想になったな。

    汚い大人の目線というか、細かい部分まで見てしまう。

    キルバーンが左腕を斬って、左腕を右手で持つシーン。
    右手、右手になっているよね?
    バーニングクリメイション!の準備段階のシーン
    (33巻161ページ)。

    37巻でバーンが鬼眼の力を解放した姿。
    バーンの腕は斬り飛ばされたはずなのに、鬼眼王になると、
    何故か肘から先が復活しているよね?
    まぁ、見栄えの問題なのかな。ダイの剣が突き刺さったままだと、
    腕は復活しないはずなのに……。

    以上、既出だろうか?既出だろうな、古い漫画だし。
    ただ自分で発見すると、何か感動する。
    「作画ミスを発見した自分、かっけえええええ!!!」

    とりあえず知りたかったのは、本当の最後のシーン。
    ダイとポップがキルバーンを抱えて飛ぶ場面だ。
    何故あのような結末になったのか?
    体力や魔法力を回復させる羽とかあったよな、、、
    あぁ、暗黒闘気の影響かな?

    探っているうちに、他の巻も読み始めて、止まらなくなった。
    そして大人の目力で発見してしまったわけだ。
    作画の稲田先生、お疲れ様です……。
    学生時代は絵をマネて描いていた。私の絵の基本は稲田先生。
    それぐらい大好き。

    本の内容が変わったわけじゃないのに、別の物が見える。読書は不思議だ
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring