2019-02-17 23:59 [Sun]

生演奏の迫力はやはり凄い

    » 日記
    久しぶりに吹奏楽のコンサートを聞きに行った。

    そういう趣味があるわけではなく、妹の関係なのだけどね。
    妹が吹奏楽の社会人サークルに所属しているのだ。
    演奏者は50人ぐらい。観客は何人いたのだろうか。
    結構大きめのホールで、100人以上はいただろうな。
    席がかなり埋まっていた。
    公開されたばかりの人気映画以上の観客数だ。

    テレビやラジオに出ているアナウンサーの人が司会をしていたのだが、
    うーん?ちょっと見覚えが無かったな。
    ベテランの人らしく、さすがはアナウンサーな喋り方だった。

    ホールとアナウンサー、いったいいくらかかったのやら。
    入場料は無料ではない。有料とはいえ、凄くお金がかかっていそうだった。

    途中15分休憩を挟んで、2時間の演奏。
    やはり生演奏だけあって迫力があった。爆音だぜ。
    それぞれのパートで数人いるのだけど、中には一人しかいないパートや、
    独特なパートを一人で担当している場合もある。
    目立たないパート、目立たない人というのも出てくる。

    「あの楽器はどういう音がするのか」
    さっぱり分からないレベルで、ひっそりやっている人。
    複数人でやっているのに、音が聞こえてこないパートがあった。
    一方で、シンバルの存在感は抜群。
    シンバルの人は途中で、とても響く太鼓(周りの人がビビっていた)や、
    打楽器をカンカン鳴らすなど、とにかく目立っていた。

    また全体演奏ではなく、ソロ演奏で強制的に目立つ人もいる。
    ソロ演奏が始めるとスポットライトを独り占め。
    アレが気持ちが良いのだろうか……。
    ソロ演奏終了後、拍手しろの合図が指揮者から観客側に来て疲れる。
    合図がなくても拍手する人もいるし、ソロ演奏者は絶頂だな。

    一人だけ複数回、ソロ演奏をする人がいて目立っていた。
    一切ソロ演奏をせず、全体演奏からも目立たない人がいるのは、
    「それで良いの?」と、素人として思ってしまう。
    妹は今回ソロが無く、目立たない組だった。全体から見ても地味。
    前の方に座って演奏をしているのに、音すら聞こえてこない。
    本人には言わない方が良いのだろうな。

    「2時間も音楽だけを聞き続けるのは退屈だなー」
    と思いきや、あっという間の2時間であった。
    妹から噂に聞く人を探したり、各パートの音を聞き分けたり、
    楽器の位置関係を見たり、演奏ぶりを見たり、周りの反応を見たり。
    終盤の20分ぐらいは疲れて、ただボーッと聞いていた。
    聞いているだけなのに、パワーがいるわ。正しい楽しみ方が分からない。
    曲によっては退屈そうにしている子供もいた。

    演奏が終わった途端、場内アナウンスが流れて、雑に終了。
    演奏者が全員ステージから去って、司会進行で終了ではないのか。
    急にステージ上で演奏者たちが雑談をし始め、ホールが少し明るくなり、
    観客がざわつく。なんだかダラっとした終わり方だった。

    そして、妹に楽器を含めた大量の荷物を渡されて、帰される。
    「楽器ケースの持ち方も分からないのか、子供か」
    と良く分からない罵倒をされながら、疲れて去る兄であった
    (その後、身軽になった妹はメンバーと打ち上げ)。

    思いのほか疲れてしまったので、早く寝よう……
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring