2010-12-04 03:23 [Sat]

Life is work

    » 日記
    ヒゲがモジャモジャ
    リュックを背負っていて、荷物が山ほど
    小汚いオッサン

    そんな明らかなホームレス風のオッサンが
    ブツブツ独り言を言いながら目の前を歩いていた。

    いつも通り終電帰りだったので、時間は既に0時半頃。
    誰もいない、いつもの帰宅路。
    街灯も消えた薄暗い道に、今日は見かけないオッサンが一人。

    仕事が上手くいかずムシャクシャしていた私は
    疲れてフラフラと歩いていた。

    スーツを着いて、メガネをかけ、手持ちカバンを持ち、
    皮靴を履いた私は見た目は立派なサラリーマン。

    オッサンの歩くスピードは驚くほど遅く、
    みるみるうちに縮まる、対照的な二人の距離。

    近づくにつれて、オッサンの独り言がよく聞こえるようになってくる

    しかし私はそんな事に興味はなく、オッサンを
    横切って通り過ぎようとした


    そのとき


     
     

    「いいなあ、金持ってるんだろお?金分けてくれよぉ~」

    私の耳にハッキリと入り込んできたこの言葉。
    多分オッサン的には独り言だと思う

    でも聞こえた。
    「金くれよ」と。

    ちょっとイライラしていたのも、あったのかもしれないけれど
    ブチ切れちゃったよ・・・

    掴みかかるほどヤンチャでもないが、
    思わず怒鳴りそうになったレベル

    必死に自分を抑えたが、思いっきりオッサンを
    ギロリと睨んでしまった
    少しニヤケ顔だったオッサンがたじろいだ



    「おぉ怖い怖い、なんだよなんだよぉ~… 少しぐらいいいじゃんかよぉ…

    小声でオッサンが呟いているのが聞こえた。

    私とオッサンの距離は静かに離れていった。
    私は心の中で思っていた。


    オッサンは私が持っている金をなんだと思っている?
    休みも無く働き、ボロボロになって、賃金をカットされまくって
    やりたい事も出来ず、身を削って
    やっと手に入れた少量の給料を分けてくれだと……

    心底オッサンと私の立場を逆転させたくなった。
    オッサンもボロボロになるまで働いて金稼ぐといいよ
    逆に私はオッサンのようにゆっくりと散歩したいよ

    心に余裕が無いのって嫌なものですね


    Life is walk.

     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring