2010-09-27 21:26 [Mon]

気味の悪い話(ポッド編)

    » 日記
    夏はもう終わったようですね。
    いつの間にか寒くなっているこの感覚。

    札幌駅の前で昼食を食べたこと
    川沿いを散策したこと
    某会社の浄水処理場を見たこと

    この3つが何となく夏を感じさせてくれた事でした。
    まぶしい日差しに、涼し気な水
    どれも仕事の休憩時間と言うのがやや悲しいです。
    日曜日しか休みがないのに、海に行く先輩とか凄過ぎです。

    サマーソニック。
    ちょっと行ってみたくなりました。
    残念ながら曲目に興味があるわけじゃなく
    熱狂振りに興味があるだけなので、すぐ飽きるでしょうけど。

    夏は暑苦しくてあまり好きではありませんでしたが
    何故か歳をとる毎に好きになる不思議。
    寂しいものです。



     


     
    さてさて、涼しくなりましたがネタはあるので書きますよ!

    2) 湯沸しポッド
    うちの会社では朝早くに来た新人がお湯を準備するのが決まりです。
    前回の話と同様に、上司が泊まり明けの日でした。
    朝になり、チラホラと社員が出社してきました。

    その時は私は別の場所で仕事をしていたので、
    他の社員さんがお湯を作ってくれました。

    しかしおかしいのです。

    いつものポッドではなく、棚の奥に仕舞われていた
    もう誰もそのポッドの置き場所を知らないようなポッド。

    何故かそのポッドでお湯が作られていたのです。
    「そのポッドでお湯を作ると美味しく無いから止めてくれ」
    とずいぶんと前に仕舞われたポッドでした。

    目の前にいつも使っているポッドがあるにも関わらず
    わざわざ奥の方から古いポッドを持ってきて沸かしたのです。

    やんわりと聞き取り調査をしたそうですが、
    結局誰が沸かしたのかは分からず……。

    そもそも朝一番に出社した人が見た時には
    既にお湯が出来ていたとか……



    うひゃって感じです。

    ( ´_ゝ`)フーン
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring