2018-01-28 23:45 [Sun]

戦闘型よりもコチラを応援する

    » 日記
    ニュースを見て知ったのだけど、アイボの新しいヤツが出ていたのな。

    AIBO (※Wikipediaのページ)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/AIBO

    アイボ懐かしい、昔居たなー。
    そして、いつの間にか話題から消え去ったなー。
    そんな認識だった私は、真っ先に歴史を調べた。
    とりあえずウィキペディアでな!

    「死なないペットの死」という、SFチックな事実を知ってしまった。
    ソニーは過去の商品を大切にしないイメージが個人的にある
    (PS2のソフトが遊びたいぞ!PSPが壊れたらUMDはどうするんだ!?)。
    しかも、ウソかホントか、ソニータイマーの話もある。

    今回の新型アイボは、よりコミュ力がアップしている分、壊れると悲しいだろう。
    現実の物である以上どんな物も、いつかは壊れてしまう。
    いつまでサポートしてくれるのか、という話だ。
    ソニーさんの業績は、なかなか苦労続きの様子なので頑張って欲しい。
    新型アイボの命はソニーの金の力にかかっている。
    決して不死ではない。

    可愛い顔をしてサービス料金が別、の部分にソニーの不安さを感じる。
    まぁ、ペットのエサ代と考えれば良いか。
    逆に言えば、ソニーがその気になれば、エサ(仮)サービス打ち切りも有り得る
    (オンラインサーバーの停止など)。
    今度の新型アイボは、機能的な死と物理的な死、2回の死が待ち受けている。

    それでネコ型ロボットは、まだなのかね?さすがに100年後まで無理か……
     

    コメントの投稿

    非公開コメント

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring