2020-03-15 23:59 [Sun]

洗濯機に恐怖を感じたのは初めてだ

    » 日記
    夢の中の話なんだけどね。

    舞台はロシア。ドラクエとFFのモンスターが暮らす世界。
    会話の中でロシアと出てきたから、ロシアなのだと思う。
    日本語を話す人々。ロシア人でも無いし、日本人でも無い。
    FFキャラっぽい、ゲーム人だな。

    破壊と創造の神がどーたら、で話が進んでいた。
    平和な学園編が終わると、突然ホラー編が始まった。

    精神病院?のような所を探索し始めたのだ。
    ヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリンと一緒に、薄暗い中を探索だ。
    どれだけ私の中で、ヒュー・ジャックマン版ウルヴァリンが刺さっているのだ。

    頼もしい味方がいるのかと思いきや、そうでもない。
    荒々しく戦ったりしない。冷静なウルヴァリンだった。

    洗濯機の音が病院全体に鳴り響く。怖い。
    モーターの音と、水を混ぜるような音。
    ゴゥンゴゥン、ゴシャァー。
    ミスマッチさが、異様で恐怖を感じたのだ。

    そして、出てくる人間にしか見えないモンスター。
    剣で斬りかかると、ゼリーのようにスパスパと斬れる。
    しかし血が出ない。叫び声も無い。
    無表情に、されるがままに、細切れになるモンスター。

    頭を切り落としても、再生して遅いかかってくる。
    「これが破壊と創造の神の力なのか……」
    病室から無数の無表情のモンスターが出てきた。
    対処しきれない!

    そこで目が覚めた。

    文章にしてみると、訳が分からないけど、夢を見ている時は真剣だった。
    超シリアスなストーリー展開だと感じていた。

    あー、ホラーな夢だったなー。
    自分の部屋から出て、居間の方に降りて行って、気が付いた。

    洗濯機が動いている……。

    ああ、夢の中と同じ音だ。
    さすがに自分の部屋までは、どんなに頑張っても聞こえない音。
    聞こえないはずなのに、夢の中に登場した?

    しばらくの間、私は混乱しながら、朝食のプリンを食べていた
     

ブログ内検索
カレンダー
    02 | 2020/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring