2019-11-05 23:23 [Tue]

頼むよ、ワガママを言わせてくれ

    » ゲーム
    行ってみたかったなー。伝説となってしまうのか……。

    「廃墟ゲーセン」「電脳九龍城」として有名な「ウェアハウス川崎」が11月で閉店へ 「そんな……」と悲しみの声 (1/4) - ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1910/15/news080.html

     “電脳九龍城”の異名で知られる、川崎市のアミューズメントセンター「ウェアハウス川崎」が11月17日で閉店することが分かり、「そんな……」「マジか」と、利用者から悲しみの声があがっています。

     店内に掲示された「閉店のお知らせ」によると、閉店理由は「諸般の事情により」とのこと。編集部が運営元のゲオホールディングスに確認したところ、詳細な理由については回答を控えたいとしつつも、閉店については「事実です」とのことでした。

    この記事は2019年10月15日のもの。今更だねえ。
    全然知らなかった。
    11月17日に閉店と言う事は、再来週の日曜日か。もう、ほとんど時間がない。
    札幌住みの私は行く事が出来ない。

    本来は逆だと思うのだけど、私はこのウェアハウス川崎を知ってから、
    クーロンズ・ゲートに興味を持った。

    クーロンズゲート
    https://ja.wikipedia.org/wiki/クーロンズゲート

    さっぱり謎なゲーム。現代では作る事の出来ないゲームだろう。
    PS1時代の古いポリゴンが雰囲気満点。
    PS4のグラフィックにすると魅力が半減しそうだ。
    そのうちプレイしてみたい。

    ウェアハウス川崎自体を知ったのは、相当昔のまとめブログだと思う。
    最近になって、とある大好きなゲーム実況者さんが、
    クーロンズゲートのファンで、よくネタを言っており、思い出した。

    神奈川の九龍城「ウェアハウス川崎」の怪しすぎる街並み
    https://www.youtube.com/watch?v=ma664PSip_Q


    「ウェアハウス川崎店」11月17日に閉店 “電脳九龍城”14年の歴史に幕
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1015/blnews_191015_0048296060.html

    ウェアハウス川崎店を運営するゲオに確認したところ、閉店の理由は業務上の理由で収益面の問題ではないとのこと。現時点では移転などの計画はないとしている。

    いったい何があったのか。
    売り上げの問題じゃない、理由が不明となると、引き継ぎも難しそう。
    ただただ消滅するしかない。

    東京から30分で行ける廃墟 川崎駅前にそびえ立つ巨大ゲーセン「ウェアハウス川崎」のダンジョンっぷりがやばい (1/4) - ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1505/11/news155.html

    日本に数台しかない貴重なレトロゲームも存在するそうだ
    (ワニワニパニックもあるぞ!)。どうなってしまうのだろうか。
    他のゲーセンに引き取って貰って、稼働し続けて欲しいな。

    卓球、ビリヤード、ダーツ、ネカフェ。
    何でも揃ってやがる!雰囲気も良いし羨ましい。
    近場にあったら、常連になっていただろう。

    ああ、惜しいな。今後も日本の何処かで特徴的な面白い場所が出来ると良いが……
     

ブログ内検索
カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring