2019-09-10 21:59 [Tue]

私だけが知らない事故

    » 日記
    その瞬間、私だけ別の世界に居たのかもしれない。

    今日、近所で事故があった。車同士の交差点事故。
    一台の車はアパートの玄関部分にある階段に突っ込んだそうだ。
    私の家からは5分も離れていない場所だ。

    物凄い衝撃音と、通行人の悲鳴が聞こえたそうな。
    私以外の家族全員、父、母、妹が知っている。
    何故か私だけが、まったく気が付かなかった。

    夕飯時はその話題で盛り上がっていて、何事かと思った。
    パトカーやら救急車やらがたくさん来て、周囲は混乱していたらしい。
    そんなに大きな騒ぎだったのに、私は本当にまったく気が付かなかった。
    「今日は暑いはずなのに、風が強くて、冷たくて気持ちがいい」
    「エアコンも扇風機もいらねえ!」
    そんな事を考えながら、平和な日常を送っていた。

    パトカー、救急車、消防車のサイレンはかなり大きい。
    遠くの方で鳴っていても、気が付くレベル。
    普段ならば気付くはずのサイレン。
    近所なのに、サイレンの音すら気が付かなかった。

    もうね、別の世界に居たとしか考えられないね。
    ヘッドホンを使って、大音量のロックを聴いていたわけでもなく、
    普通に過ごしていたのだぞ。
    イヤホンで耳を塞いでいないし、ゲームもしていない。

    最近、オカルト系の話を見て周る事が無くなったのだけど、
    未だに異世界系の話は流行っているのかな?
    それとも世界線とか言うやつ?

    まぁ、オカルトに繋げるまでもなく、それだけ集中していたのかもしれないな。
    いわゆるゾーンってやつだ。
    まったく外界の事を気にせずに、目の前の事に徹底的に集中!
    共通の世界ではなく、自分の世界に居たと言う意味では、
    他人から見れば異世界体験だ。何だか詐欺っぽいね。

    事故が発生した時の記憶が無い事から、夢の世界の可能性も多少アリ。うたた寝か!
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring