2019-08-06 23:59 [Tue]

これだから最近の若者はってヤツか?

    » 日記
    夏っていつもこんなにつらかったっけ……?

    生活が乱れまくっている。寝ても、寝ても、寝足りない。
    体力が回復していないのかもしれない。
    目が覚めるとシャツがベッシャリ。寝ても体力を消耗している。

    終わらない暑さ! 札幌で"68年ぶり"9日連続真夏日
    https://www.fnn.jp/posts/2019080600000001UHB

     6日も北海道は、強い日差しと南からの暖かい空気によって気温が上がっています。

     札幌では、午前11時前に30℃を超え、1951年以来68年ぶりに9日連続の真夏日となっています。

     午前11時現在で、北海道内ではすでに43地点で30℃以上を超えていて、北見市、置戸町、足寄町では、10日連続の真夏日となっています。

    いつもの日本気象協会のページに情報が見当たらなかったので、
    検索して引用。テレビの天気予報でも同じ事を言っていた。
    暑さの記録が、68年ぶりになってしまったのだ。
    札幌は今日も元気に32度ぐらいになった。そのおかげで9日連続の真夏日。

    68年前って本当?私が小学生の時はエアコンは贅沢品だったぞ。
    「エアコンが欲しいよおー」と言っても、
    「扇風機で我慢しなさい!」と言われていた。

    さようなら、23年間住んだ僕の家
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-255.html

    実家にエアコンが導入されたのは、引っ越したタイミング。
    6年前の出来事だ。それまでは、ずっと扇風機で耐える生活だった。
    今も扇風機だけだったら、相当辛い。

    テレビやパソコンなどの普及率をグラフ化してみる(下)……乗用車やエアコン、デジカメなど(最新)
    http://www.garbagenews.net/archives/2058711.html

    公開値だが実は連続性に多少問題がある。1973年までは「クーラー」(冷房のみ)について尋ねており、厳密に考えると1973年までと1974年以降の間につながりは無い。しかし1973年以前ではエアコン(冷暖房)はほとんど普及していなかったと考えられるので(だからこそ調査の際には考慮されなかった)、実質的には無視できる誤差と見なせる。

    気になって、エアコンがいつ頃から普及したのか検索してみた。
    1973年よりも前はエアコンが、ほとんど普及していなかった!
    つまり1951年の9日連続の真夏日を過ごした人々は、
    エアコン無しで乗り切っていた可能性が高いのである。信じられない。

    そもそもグラフのスタートが1961年になっている。
    当然、普及率はほぼゼロ。
    1951年の人々は、もしかするとエアコンの存在すら知らなかった?
    アイスとスイカ、風鈴と扇風機で乗り切っていたのだろうか。マジ??
    当時のニュースとか、情報をより詳しく知りたくなってくるわ。
    今と昔の違いとは一体?単純比較して良いものか。

    天気予報ですら疑わしい。記録を改ざんしていないだろうな。
    改ざんして何のメリットがあるのか知らないけどさ。
    気温を計る機器が故障していたりしない?しないよなぁ……。
    色々な場所、色々な機器、たくさんの人が計測しているし。
    エアコンがあっても、辛いものは辛い!!

    明日で暑いのは最後?落ち着く?雪女さんとイチャつきたーい
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring