2018-09-19 22:24 [Wed]

節電は一旦終了、日常へ

    » 日記
    これからは普通に活動しても大丈夫っぽいな。
    冬の電力は心配だが、今のところは問題ない。

    北海道節電解除、正常化へ一歩 ライトアップも再開  :日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3553309019092018L41000/

    北海道で起きた最大震度7の地震による節電要請が19日に解除され、企業活動や市民生活が平常に向かい始めた。鉄道で通常運転に戻す動きが目立つほか「さっぽろテレビ塔」など札幌市内の主要施設が観光需要回復に向け、同日午後6時に一斉点灯した。地震発生から約2週間。北海道電力の電力供給力が一定程度回復し、ようやく正常化へ一歩を踏み出した。

     札幌市内の観光施設ではこれまで節電要請に応えて消灯を実施してきたが、19日午後6時以降から順次点灯。ススキノ地区のシンボルであるニッカウヰスキーのネオン看板などで平常通りのライトアップが再開した。

     道内の大手製造業では反応が分かれた。新日鉄住金室蘭製鉄所(室蘭市)は全道停電を受け、自家発電の電力を北電に売電してきた。苫東厚真火力発電所(北海道厚真町)1号機が再稼働したことを受け、今後は売電量を少しずつ減らしていく。ただ、再び北電の要請があればすぐに一定規模の電力を送る方針だ。

     トヨタ自動車北海道(苫小牧市)は当面、節電を継続する。これまで電力を多く消費する鍛造部品などの生産を夜間や早朝に回したり、社員の休憩時間をずらしたりしてきた。「いまだ本州から電力を融通してもらっている状態で、電力供給は万全ではない」との考えだ。

    完全とは言い難いけど、徐々にな。

    ようやく、本当にようやくだよ。
    地震と停電で、失われた2週間を取り戻す事。そして、これからの寒い時期の事。
    もう大きな話題になる事はないだろうけど、戦いはこれからも続くのだ。

    冬の時期とか、完全復旧する11月に、もう一度報道して欲しい。
    電力の事なんか忘れていて、「あぁ、そういえば復旧したんだっけ?」
    レベルでの日常に戻っていると良いな。

    節電に関しては、部屋の明かり、デスクスタンドの明かりを小さくした。
    これからも、小さな明かりのまま生活していこうと思う。特に支障はないしな。

    よし、明日からも頑張ろう!
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring