2018-05-07 21:35 [Mon]

完璧主義で不完全な自分

    » 日記
    この歳にして己を知った。

    どうも完璧主義な一面がある。
    そのくせ力量が無いので、自己満足するけど不完全。
    しかも中途半端にしたくないので、成果を出すのに余計に時間がかかる。
    良い事だけど、ケースバイケース。成果物を急ぐ場合もある。
    これからの私に必要なものは、時と場合に応じて妥協する事か。

    技術書やらハウツー本、勉強関係の本を読んでいて、
    難しい、良く分からない部分に直面した時。
    納得しようとして、必死に該当箇所を読み込む。
    理解してから読み進めないと、気が済まない。
    こういう場合、本に示されている具体例に納得がいっていない場合が多い。
    「何となく理解したつもり」になって、無理やり先に進む。
    すると、分かるけど、分からない事態が発生する。

    具体的にどういう事なのか。どういう場面に使える事なのか。
    方法は分かったけど、使える場面が分からないので使わない。
    使わないと徐々に内容を忘れていく。こういう面も弱点だ。
    理解力の無さと言い換えられるか。物事と物事を関連付ける力だ。
    著者は適切だと思った例でも、読者の私に響かないと理解できない。
    スポーツで例えられても、スポーツに詳しくないのでチンプンカンプンなのだ。

    分からないので、同じ部分を解説した別の本を読む。
    完璧に理解しようとするのは良いけど、なかなか先には進まない。

    久しぶりに昔読んでいた技術書を、再び読んでみた。
    昔は分からなかった部分が、同じ文章なのに理解できてしまった。
    何処か別の場所で理解したから、一度理解すると分かってしまうのだろう。
    経験値とレベルが上がって、より物事への理解が進んでいるようだ。

    まさに大器晩成タイプなのだなと、自ら納得してしまった
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring