2017-12-03 21:50 [Sun]

車の運転は危険な行為だ

    » 日記
    妹の同僚が、80歳のドライバーに車を当てられて、むち打ちになった。
    爺ちゃん婆ちゃんドライバーの問題は、本当にどうするつもりなのだろうか。

    新聞を読んでいると、オリンピックに向けて規制を強化したり、
    新しい制度を作ったりしている事が分かる。
    オリンピックを言い訳に、やりたい放題やっているとも言える。
    オリンピックが終わった後に元に戻すとも思えない。
    良い事であれば良いのだけど、締め付けが厳しいだけで、
    生きづらい状況が続くのならば、マジで考え物。

    で、爺ちゃん婆ちゃんドライバーの問題は?
    このままだと、オリンピックを観に来た外国人が轢き殺されるぞ。
    テロリストが人の集団にトラックを突っ込ませたりしているけど、
    日本では、テロリストじゃない一般人が突っ込ませる可能性がある。

    労働環境が緩和されたと言うけど、トラックの運転手さん大丈夫?
    劣悪な労働環境に置かれた長距離バスの運転手さんは?
    ……爺ちゃん婆ちゃんドライバーは??

    自動運転技術のニュースを見たけど、そんなにすぐ実用化されないよね。
    そもそも、トラック、長距離バス、爺ちゃん婆ちゃんドライバー、全て規制?
    もう何が起こるか分からな過ぎる。
    オリンピックに向けて、急速に色々とやろうとしているのが、良く思えない。
    もっとじっくりやるべきだったと思う。規制を強化すれば良いってもんじゃない。

    心底、オリンピックはやるべきじゃなかったと思う。
    残るのは負の遺産ばかりに思えて仕方が無い。
    オリンピックが終わった後には、規制ばかりで生きづらい世の中が残っていそうだ。

    ところで、80歳ドライバーに車を当てられた、妹の同僚は、
    「もう良い歳なんだから、運転するなよ」っと当ててきた爺ちゃんに言ったらしい。
    軽いむち打ちで済めば良いが、何十年も苦しむようなむち打ちだったら悲しい。
    開放骨折とか、複雑骨折とか、意識不明ではない。むち打ち、されどむち打ち。
    全然、軽い事故ではない。

    今の世の中が、良い世の中に思えない
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring