2017-10-20 22:57 [Fri]

World War Z の録画を観た

    » 映画
    2017年2月にテレビ放送された映画の録画。
    私は映画館で既に観ていたが、再び観たかった。

    20時から居間で観始めると、映画好きの父親も参戦。
    母親も家事が終了後に、映画開始30分後ぐらいから観始めた。
    普段ならば21時には寝てしまう両親が22時まで起きて、
    ラストまで釘付けで観ていた。それだけ見せ方の上手い映画だった。

    World War Z はテンポが良い。これに尽きる。
    目が離せない展開の連続で、両親とも「見ていて疲れる」と言っていた。
    そのくせ、最後まで観ていたけどね。

    私が映画館で観た当時も、あまりのテンポの良さに驚いた。
    あっという間の2時間で、「え、もう終わり?」と心の中でツッコむ程だった。
    ラストの展開についても、「え、もう終わり?」と思う程の打ち切り方だった。
    なんだか中途半端な終わり方でモヤモヤする。
    続編の話があったり、なかったりなので、そちらの方を期待する。

    ダイハードの主人公ジョン・マクレーン並みに強運?の主人公ブラピ。
    やはり父親もツッコミを入れていた。どう考えても、おかしい。
    でも不思議と安心して観ていられない。
    「どうせブラピだけ生き残るだろ」と思えないのは、絶妙なバランスだ。

    終盤の唐突なペプシCMは、映画館で観た時は違和感アリアリで笑った。
    劇場内でもクスクスと、他のお客さんたちの笑いが漏れていた。
    今回テレビ版を観ていると、あまり違和感を感じなかったのはカット編集の影響?
    敵をおびき寄せるためなのだと、何故か納得がいってしまった。
    映画館で観た時と、ずいぶんと印象が違うシーンだった。

    World War Z の前半が好きだなー。
    家族と一緒に逃げる展開はハラハラドキドキする。
    ブラピ一人だと無双しそうだけど、家族が居ると大変だ。
    特に小さい子供の面倒を見なければいけない。
    家族のために行動する父親ブラピの好感度がウナギ上りで上昇。

    危険な場所に行く事になっても、心配するのは常に自分の身よりも家族。
    私も歳を取ったのか、戦闘シーンよりも家族愛の方が気になった。
    妻がブラピを心配して電話をかけるシーンにイラつく人が結構いるようだが、
    私は逆に家族の絆を感じた。その後、ブラピが、
    「お前のせいで死にかけたぞ」と咎める事も無いのが、また良い。
    余裕のない日本人が多いね。

    全体的に良いパニック映画だったと思う。
    ハラハラドキドキ出来るし、テンポも良い。特に頭を使う必要もない。
    変わった髪型をしていても、やっぱりプラピはカッコイイ。

    良い感じの続編が作られると良いなー。今度は打ち切りじゃなく完結しろよ!
     

ブログ内検索
カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring