2017-08-31 23:59 [Thu]

緊急事態によって体内時計が壊れた

    » 日記
    まさかの久しぶりの日記。
    ちょっと書かずにはいられない。

    自らを顧みず、支え合って
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-762.html

    > ……と、杖をついて歩いている祖父がアグレッシブ。
    > まともに歩けないのに、屋根の上に登るし、
    > 崩れて体が埋まりやすいような雪山の上で作業をする。

    大した事はしていないけど、ねむう
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-836.html

    > 祖父の膝を人工関節にする手術を見に行く。

    祖父は膝の手術を行い人工関節となった。
    人工関節になっても、まともに歩けない。ゆっくりと歩く。
    医者からは「杖を使って歩いて下さい」と言われているが、
    杖を使って歩いている所を見た事が無い。

    人工関節になった影響で、しゃがむ行為が難しい。
    体育座りのような恰好は出来ない。
    下手な体勢(転ぶなど)になると、自力で起きあがる事が出来ない。
    人工関節になってからも、私は何度か祖父を救出に向かった。

    そう、自分の体の状態を把握せずに、未だにアグレッシブなのだ。
    まともに歩けないのに、木に登るし、
    椅子以外に座ってはいけないのに、座る。

    今日は、祖父が自力で風呂に入って出られなくなった。
    デイサービスを利用して、週3で風呂に入れて貰っている。
    明日はデイサービスの日で、風呂に入れるというのに、
    わざわざ「やってはいけない」自力で風呂に入る行為をしたのだ。
    祖母いわく、「木に登って汗をかいたから」風呂に入りたいと。


    19時~19時半ぐらいの出来事であった。
    私は「浴槽から立ち上がれなくなった祖父を起こす」ぐらいだと考えていた。
    事態は、そんな予想よりも最悪だった。

    祖父は浴槽の中で溺れたような形になっていたのだ。
    意識はない。胸部、腹部が、激しく膨らんだり縮んだりしている。
    浴槽の中は嘔吐物まみれ。
    鼻と口からは、水ともゲロとも分からない物が出てくる。
    水を必死に吐き出そうとしていた。当然、呼吸も苦しそうだ。

    祖父の異変に気が付いたのは、祖母だった。
    祖父が溺れそうになって暴れている音を聞いたからではない。
    いつまでも風呂から出てこないから様子を見に行ったら、祖父が溺れていたそうだ。
    いつもどのぐらいの時間、風呂に入っているのか不明だが、
    その時は30分経っても出てこなかったらしい。
    祖母が助けようとしても無理だったので、母に電話をかけて父を呼んだらしい。
    「さっさと浴槽の栓を抜けば良かったのに」
    到着した私がそう言ったが、誰もそこまで気が回らなかったようだ。

    父が一足先に現場にいた。私と同じように軽く考えていたようだ。
    思っていたよりも、大変な状態だと分かり、私も救出に呼ばれた。

    完全に意識を失った人体は、とても重い。
    私が現場に到着した時、父は必死になって祖父を助けようとしていた。
    意識の無い祖父は父に支えられて、浴槽から上半身だけ起きた状態。
    力自慢の父と、平均男性程度の私の二人がかりでも、祖父の救出は容易ではない。
    (ちなみに祖父は凄くデブというわけではない、普通の体型だ。普通のおじいちゃん)

    父は私が到着した事によって、冷静になったのか、
    この段階で母に救急車を呼ぶように言った。母が慌てた様子で救急車を呼ぶ。
    私と父は、二人で祖父の脇を抱えて、ようやく浴槽の外に出す事に成功。
    父は滑って浴槽の中に落ちてしまった。私は、父の匂いも汚れも気にならなかった。
    おそらく周りの人、誰一人そんな些細な事を気にする余裕が無かった。

    浴槽に出した祖父を仰向けにする。
    未だに意識はない。水やら嘔吐物やら、よく分からないが吐き出そうとしている。
    とにかくアゴを上にあげて、気道を確保してやる。
    アゴが上にあがった状態だと吐き出しづらそうなので、
    体勢をやや横向きにしてやる。
    父は力仕事から帰ってきたばかりだったので、体力の限界だった。
    腕や手がプルプルと震えていた。
    それでも父は、必死に祖父に声をかけてあげる。私は祖父の体勢に気を配る。
    (医療関係の仕事をしている妹に聞いたところ、
    私が祖父に取らせた体勢は一応OKのようだ)

    時間の感覚は、とうに失われてしまった。
    母が救急車を呼んでから、おそらく5分ぐらいだろう。ようやく救急車が来た。
    私は、初めて間近で救急隊員を見た。
    祖父の口にチューブを突っ込んで、水やら何やらを吸い出す。
    その間も、3人いる救急隊員のうちの一人が、必要なものの指示を出す。
    母は家に戻り、父は何処かに行き、一緒に住んでいる祖母はいなくなる。
    そんな中、私が救急隊員とやり取りして、準備する。
    ……準備すると言っても、祖母を大声で呼び必要な物を手に入れるだけだが。

    ドタバタ、ドタバタ。。。

    その場に居た、祖父以外の人は何かしら動いていた。
    近所に住んでいる祖父の息子(私の母の弟)家族が、救急車を見てやってくる。
    既に出来る事はなく、事態も良く分かっておらず、野次馬状態。
    私はとりあえず、「祖父が風呂で溺れた」とだけ伝えた。
    救急隊員が救急車で移動すると言うので、私は慌てて母を呼びに行った。

    ドタバタ、ドタバタ。。。

    救急車で運ばれていく祖父を見送る。
    私は、初めて間近で救急車を見た。
    救急車には母が同乗した。父は酒を飲んでいたため、タクシーで追いかけた。
    私は妹の帰りを待つため、家に残った。
    そして、帰ってきた妹に事情を話し、ひたすらに待った。

    22時頃、父と母が家に帰ってきたので、話を聞いた。
    祖父の意識は戻ったようだが、肺に汚い水が大量に入ったため、
    まず間違いなく肺炎になる事を聞かされた。年齢的に命の危機だそうだ。
    (ますます、さっさと浴槽の栓を祖母か祖父が抜いていれば良かったのに!)
    肺炎の程度にもよるが、明日、明後日が山場。何が起こるか分からない。
    もしも助かっても、要介護となる。

    祖父は意識を取り戻したが、呂律が回らない状態。まともに話せないのだ。
    体は問題なく動かせる。上手く話す事だけが出来ない。
    脳にダメージがあったようだ。
    しかも今後、肺炎が起きて、悪化すれば喉に穴をあけてチューブを入れるので、
    本格的に話す事が出来なくなる。植物状態になるかも、とも父が言っていた。

    今日は父も母も、妹までもが夕飯を食べていない。
    私を含めて、みんな時間が止まってしまったようだった。
    父、母、私は19時半頃から。妹は20時頃から。
    日付が変わりそうな現在でもまだ、21時ぐらいに感じる。
    明日から、何が起きるか分からない。早く寝ようと思う。
    ビールでも飲んで酔って寝る。

    私が一番冷静だったと自信を持ちたい。
    私の次だと思う祖母は、冷静とはやや異なる、恐ろしさを持っていた。
    祖父が酷い状態になっているのに、何とも思っていない様子だった。
    「おかず作り過ぎちゃったから、持って行ってー」
    みたいなノンビリした口調で、電話で助けを求めてきたらしい。
    まるで慌てる様子もなく、祖母は明日にでも祖父が帰ってくると思っていそうだ。
    祖母には少し認知症があるため、祖父が居なくなった後どうなるのか。
    波乱の展開しか見えない。

    命がけで風呂に入らなければ、まだ何年も生きていられただろうに。明日からが怖い
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring