2017-08-22 23:48 [Tue]

No Man's Sky 冒険中20

    » ゲーム
    Steamで売っているコレ。

    No Man's Sky
    http://store.steampowered.com/app/275850/

    現在プレイ中。
    プレイ時間は131時間。

    あえて攻略中とは書かない。
    私は宇宙を冒険しているのだ。
    いつ終わるかも分からない、果てしない冒険の旅さ。
    (※飽きたら一時中断します)

    まさかのアップデート。
    まさかの No Man's Sky 1.2!

    (※現在のバージョンは1.3 のため、一つ古いバージョンの記事になります)

    No Man's Sky 番外編4
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-752.html

    今回の記事では、大型アップデート分の発見を書いていく。
    アップデートされてから、それなりに時間が経ってしまった。
    とても今更な記事になる。

    (※さらなるバージョンアップによって、もはや腐りかけの記事になっています。
    書くのに時間がかかり過ぎました。とにかく載せていきます
    )

    今でも細かい修正が入っているようだが、そこは未プレイ。
    そもそも細々としたアップデートが頻繁に行われたせいで、
    わけが分からなくなっている。
    記事に書いた内容は既に変更されているかもしれないし、
    されていないかもしれない。

    つくづく製品版ではなく、早期アクセス版なのだと思い知らされる。
    明らかにデグレしている。以前よりも悪くなっている部分がある。
    どういう意図があるのか、謎の仕様変更だ。

    とにかく良い部分と悪い部分を交えつつ、私の冒険した時系列で書いていく。
    思いのほかスクショが多くなったので、記事が分かれる。長くてスマン。


    20170406020732_1.jpg
    惑星内の墜落船を拾いに行くために、宇宙人から1隻入手。

    20170406020746_1.jpg
    センチネルハンター/マリウオン……。

    20170406020751_1.jpg
    彼はいったい何処へ行ってしまったのか。

    購入した後、購入した宇宙船に再び目線を移すと、
    宇宙人が忽然と姿を消して、無人の宇宙船が残る。
    宇宙船を取り上げられてしまった宇宙人の末路が気になる。
    母船から出る事が出来ないので、そのまま母船のクルーになるのだろうか。

    それとも母船には見えない所にテレポーターがあって、
    そのテレポーターを使って別の場所に移動する?
    もしくは母船で、イチから宇宙船を建造する?

    きっと莫大な金額を得たのだろう。
    その金を使って、誰かの宇宙船に乗せて貰うとか?
    惑星内をひたすら徒歩で歩き回って、墜落船を手に入れる?

    いずれにせよ、宇宙船を失うと相当痛いはずなのだが、
    彼らは快く宇宙船を譲ってくれる。凄い奴らだ。

    20170406020913_1.jpg
    「みちうら」名前も良いし、形状もなかなか良い宇宙船だ。

    20170406021628_1.jpg
    定番の引っ掛かっている宇宙船の様子。

    20170313184436_1.jpg
    パーマネント・デスモードの設計図屋さんの品物。

    20170406022116_1.jpg
    クリエイトモードの設計図屋さんの品物。

    目的地に向かう前に、宇宙ステーションに寄り道した。
    今回のアプデで変更が加わった、設計図の入手方法。

    今までは惑星内を探索していると、わりと頻繁に新しい設計図を入手できた。
    もしかすると、一つの惑星内を徹底的に探索すれば、
    全ての設計図を入手できたかもしれない。それぐらい入手する機会があった。
    今度からは「ナノマシンクラスター」という通貨とは別の物を集める必要がある。

    ドラクエ脳な私が説明すると、ゴールド(ユニット通貨)と、
    ちいさなメダル(ナノマシンクラスター)の関係のようなものだ。

    ナノマシンクラスターはユニットとは違い、しっかりとインベントリを圧迫する。
    地味に邪魔くさい。最高でいくら必要なのか分からないため、集めてはおくが……。
    そもそも、この設計図屋さんは宇宙ステーションにしかいない。
    つまり一つの星系に一人だ。上の画像を見れば分かる通り、品揃えが少ない。

    たったの5品!しかも基本的な設計図ばかりだ。
    次から次へワープして行かないと、以前のように集める事は不可能。
    どうやら種族によって、取り扱う設計図の種類が異なる。
    コーバックスがエクソスーツ関係、
    ヴァイキーンがマルチツール関係、
    と言う事は、ゲックは宇宙船関係の設計図だろう。

    欲しい設計図を売っている種族が居る星系に、上手く飛ぶ必要がある。
    アプデ以降、一切ワープしていないので分からないが、
    もしも既に持っている設計図の販売まで行っていたら、さらに入手は難しくなる。
    都合よく未入手の設計図のみ販売していて欲しいものだ。

    クリエイトモードではシールド関係の設計図が不要だ。
    しかし、ジェットパックの設計図はあると便利なので欲しかった。
    高難易度モードの場合は、エクソスーツの設計図が入手できないと命取りだろう。
    遠くの星系に飛びたくても、ワープ関係の設計図がなかなか入手できないと、
    いつまでもチマチマとしたワープを繰り返す事になる。
    設計図の入手方法の変更の影響で、一気にゲームを進める事が難しくなった。
    手間を増やしてゲームを延命するためのアプデとしか思えない。

    厄介な事に、対象の種族との友好度合も影響する。
    クリエイトモードでは、助手の関係まで進展していなかったので、
    「パルススピッター精度 シータ」という設計図を入手する事が出来なかった。

    クリエイトモードでは、サクサクと関係が進展できたので、
    後々に「パルススピッター精度 シータ」を入手できた。
    しかし、高難易度モードだと、そうはいかないだろう……。
    今後のアプデでさらなる難易度の上昇があるかもしれないし、
    簡単になるかもしれないし、本当に怖い。

    20170406023110_1.jpg
    惑星にある施設内のホログラムから……。

    20170406023113_1.jpg
    こんな感じで入手。

    20170406024531_1.jpg
    惑星の地面に転がっている「壊れたデバイス」から……。

    20170406024534_1.jpg
    こんな感じで入手。

    今までは設計図や、ユニットが手に入ったシーンが、
    だいたいナノマシンクラスターに置き換わっている。
    一度の入手量は大して多くない。
    入手機会の方が多いので、ナノマシンクラスターが足りなくて困る事はないだろう。

    そもそも最高でいくら必要になるのか。
    今の所は、そんなに大量のナノマシンクラスターを要求されていない。
    そんな事よりも設計図をよこせ。

    20170406023350_1.jpg
    いえーい!アクロバット!!

    ……とか、言っている場合じゃねーよ!!!
    (一人称視点だと、どういう状態になるか分かるだろう?上が地面で、下が空だ)

    はい、私はこの歳にして、
    初 め て ゲ ー ム で 酔 い ま し た 。

    よく「ゲームで酔って気持ち悪くなった」とか聞く事があったけど、
    私は都市伝説の類いだと思っていた。
    多分、「ゲームで酔うとは、こういう事だ」というのを初めて味わった。

    今回のアップデートで、宇宙船を地面に近い所まで、低空で飛ばせるようになった。
    簡単に狙った場所に着陸できるように配慮したアップデートらしい。
    うむ、ありがたいアップデートだ。

    実際は、以前までの感覚を忘れていたため、良く分からなかった。
    言われてみれば、前よりも低空飛行できるようになったかな?程度だ。
    それよりも以前までと、明らかに変わったと思う部分が一つあった。

    機首と書けば良いのかな?
    宇宙船の向いている方向(機首)が、スティックを倒すと、
    グワングワンと変わるようになった。
    以前のように、方向がゆっくりと変わっていかない。
    良く言えば、レスポンスが良い。
    敏感に反応するので、繊細な操作をする必要がある。

    多分、オプションで設定を変更できるので、気に入らない人は変更しよう。
    言うほど激しくもない。以前の感覚と比べると、敏感なだけだ。
    初見の人ならば、「こんなものだ」と感じると思う。

    問題なのは、私の行動とも言える。
    クリエイトモードでは、宇宙船で無茶をしてもダメージを受けない。
    地形にぶつかっても、宇宙船が壊れたりしない。

    機首の反応が良いので、飛行中は常に狙った場所に着陸しようとしていた。
    その結果、画面がグワングワンと揺れる。

    上画像のアクロバットだけど、手動操作で機体をロールしたわけではない。
    地形にぶつかった時に、敏感になった機首でリカバリーを計った結果、
    画面がグワングワンと意図しない方向にグルグルと回って、ひっくり返った。

    狙った場所に着陸しようとしている時に、地形にぶつかった事に気が付かず、
    機首を操作してしまって、画面がグルグル、グワングワン、する事もあった。
    機体が反転した状態で着陸ボタンを押すと、
    勝手に正常な位置に戻って着陸する。この時は比較的ゆっくりと姿勢変更をする。


    どの場面が原因となったのかは分からない。
    おそらく、このレスポンスが良い、敏感な機首のせいで酔ったと思う。

    気が付くと、フラフラするし、吐き気がして具合が悪いし、ビックリした。
    そして笑った。「これがゲームで酔う」という事か!と。
    初体験を奪ってくれて、ありがとう No Man's Sky 。
    マリオ64の頃から3D系のゲームをたくさん遊んできたけど、キミが初めてだ。

    夜にプレイしていて良かった。
    ベッドにしばらく横になっていても、治らなかったからだ。
    朝起きたら、夜の具合の悪さが嘘のように全快した。
    朝とか、昼間とかにプレイしていたら、その日はもう終わりだっただろう。
    ゲームに酔うって恐ろしい事なのだな。
    もう二度と酔わないと思うが、分からない。ついに酔ってしまったし、過信は禁物。

    とりあえず以後は、機首にはなるべく触れないプレイをするようになった。
    イタズラで地形に突っ込む事も控えた。
    意図せずに画面がグワングワンし始めたら、落ち着いた段階でゲームを一時停止し、
    一度ゲームから離れて、窓の外を眺める事にした。

    20170406024800_1.jpg
    ようやく目的地の墜落現場に到着した!

    20170406024847_1.jpg
    こ、これは……!?

    良く分からないが、選択肢によっては設計図が貰える事もある?
    そのうち、こういうイベントもナノマシンクラスターに変更されるかもしれない。
    とりあえず私は運良く設計図を入手する事に成功した。
    今となっては、設計図は貴重品だ。ありがとう、ありがとう。

    20170406024923_1.jpg
    Aクラスのハウラー(運送業者)だ!やったぜ。

    No Man's Sky 冒険中19
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-802.html

    前記事で手に入れた「くおかくちゅ」はBクラスだったので、
    さらに良い宇宙船を拾った事になる。売ってくれた宇宙人は涙目だな。
    シールド48%ボーナスって凄い。クリエイトモードだと今の所は不要だけどね。

    20170406025006_1.jpg
    さらば、みちうら。

    見比べてみると、ファイター(戦艦)よりもダメージが出るハウラー(運送業者)って、
    凄いな!凄腕の訳ありトランスポーターってところか。
    ハン・ソロごっこをするためには、やはりミレニアムファルコンが欲しいところ。

    20170406025116_1.jpg
    いつも通りテクノロジーは損傷している部分もある。墜落船だし仕方がないね。

    20170406025128_1.jpg
    枠(スロット)が壊れているうううー!

    今回のアップデートからだろう。
    スロットが壊れた状態になっている事がある。

    クリエイトモードだから、修理費用が0ユニットだけど、
    他のモードだと馬鹿にならないらしい。
    墜落船を拾って、交換していくよりも、
    宇宙人と宇宙船を交換した方が効率が良いとも言われている。

    スロットの壊れ方が不規則なのも、いやらしい。
    とりあえず必要なテクノロジーだけを繋げて、当面をしのぐ使い方も難しい。

    墜落して故障した表現としては、面白いし、良い演出だと思う。
    今までは本当にヌルい部分があった。
    墜落船という名の宝箱、ボーナスみたいな感じだ。

    これからの墜落船は判断が難しい。
    良いクラスだったら、乗り換えるというプレイングをするか、
    損傷部位が少なかったら、乗り換えるというプレイングをするか、
    どういう付き合い方をしていくのかは、プレイヤー自身に委ねられている。

    20170406025310_1.jpg
    こんな感じで修理、改良した。

    クリエイトモードだから、お手軽に色々と出来て良いねぇ。
    他のモードの事を考えるとゾッとする。

    複数の宇宙船を所有できるようになったおかげで、
    初めてスロット数の多い宇宙船に乗り換える事が出来た。
    スロット数が多いのは、やっぱり良いよ。
    宇宙船に、こんなにテクノロジーをインストールしたのは初めてだ。

    形状はハウラーなのでゴツくて、個人的にはあまり好きではない。
    それでも使い勝手が良さそうなので、長い付き合いになりそうだ。
    よろしく、くおかくちゅ。

    ちなみに、名前の横の三角形を押すと、宇宙船の名前を変更できる。
    「名前を変更したい」要望でもあったのだろうか。
    別にあっても良いけど、個人的には不要な機能かなー。
    いいじゃん、くおかくちゅ。


    キレが良いので、今回の記事はここまで。
    もちろん、今回のアップデートに関する記事はまだ続くぞ。
    さて何処まで付いて来られるかな?ふふふ。

    それにしても記念すべき20番目の記事なのに、酔った初体験の話とか酷い。
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring