2017-08-06 23:32 [Sun]

ドラクエヒーローズ1 無双中7

    » ゲーム
    Steamで売っているコレ。

    DRAGON QUEST HEROES Slime Edition
    http://store.steampowered.com/app/410850/


    現在プレイ中。
    Steamクライアントの記録時間は11.3時間。
    冒険の書の記録時間は13時間58分。

    ドラクエ11の発売を記念して、ドラクエヒーローズをプレイする。
    私は最新ゲーム機を持っていないのだ。
    Steamから購入したので、"英語版"のヒーローズになる。
    小学生の時から大好きだったドラクエを、まさかの英語プレイ!
    スクエニめええええええ!!!

    20170802001753_1.jpg
    個人的には世界観ぶっ壊れ気味だと思う The Stonecloud。

    拠点が、Camp Caliburgh (キャリバン キャンプ) から、
    The Stonecloud (ストーンクラウド)に変更。
    まぁ、それは良いのだけども、ここからが結構な苦労ポイントだった。
    初めて来た場面なので、話を聞いて回るポイントが、とても多いのだ。
    英文読解がツライ!みんなズラズラと遠慮なく喋る。
    ちょ、待てよ!暴れさせろよ、ノベルゲーかよ。

    日本語だと大した事はないのだろう。
    しかし私は英語プレイなので、ストーンクラウドで話を聞いて回るだけでダウン。
    XXXY!^q^
    をする余裕もなくなって、一旦ゲームを辞めざるを得なかった。
    スクエニめええええええ!!!

    20170802002022_1.jpg
    アリーナ:The Queen of Combos (コンボの女王)

    20170802002105_1.jpg
    ケイリ:The Advanced Lancer (高度な槍騎兵)

    ケイリのキャッチコピーの翻訳は自信が無い。
    遂に本編からのゲストキャラが仲間になったぞ。
    それにしても、2人目の女王様の登場だ。

    優雅な氷の女王(オーロラ)に、コンボの女王(アリーナ)。
    そのうち、ムチの女王や、ロウソクの女王、ぱふぱふの女王も登場するのかな。
    あー女王さまー!

    20170802002353_1.jpg
    First Mate. Stonecloud crewman.

    20170802002808_1.jpg
    実績お姉さん。

    20170802002843_1.jpg
    クエストお姉さん。

    ストーンクラウド乗組員さんは、なかなか良いキャラデザじゃないかな。
    いかにも、鳥山明デザインっぽい。空賊のようだ。
    もちろん量産型なので、同じ見た目の奴が3人ほど居る。

    実績お姉さん、クエストお姉さんは、鳥山明っぽくないんだよなぁ。
    しかも、見た目が同じに見える。私の目が腐っているのかな。
    ちなみにクエストお姉さんは、今後のプレイで大いにイライラさせてくれる。
    トロくさいうえに、煽りの天才。開発者の人、大丈夫?

    20170802002955_1.jpg
    オーブおばさん。

    20170803001227_1.jpg
    錬金じーさん。

    20170803001655_1.jpg
    郵便局のお姉さん。

    郵便局のお姉さんも、実績お姉さん、クエストお姉さんと同系統。
    やはり同じキャラに見える。服装だけ変更するのは、如何なものか。
    ストーンクラウド乗組員さんのように、潔く同じにしてくれた方が、
    私としては、まだ好感が持てた。差別化が中途半端に見えてしまう。

    オーブおばさんは、ヒーローズ内では初めて見たタイプ。
    あまりの丸っこさにワロタ。でも、こんな感じだよね。
    ドラクエ!って感じのキャラデザだ。
    オーブおばさんは、オーブの売買を行ってくれる。
    説明では何やら興味深い事を言っていた。やはりアイラは天才なのか!?

    錬金じーさんは、Camp Caliburgh (キャリバン キャンプ)に居た人と同一人物?
    ドラクエ8をプレイしていた身としては、あこぎな商売に思える。
    錬金釜を売ってくれ。じーさんはいらないぞ。

    20170803001438_1.jpg
    ちっこいオッサン!

    20170803001444_1.jpg
    King Flaminio.

    メダル王に名前があるのは、何気に初めてではないだろうか?
    フラミニオ王というようだ。
    小さいけど威張っている感じが、なんだか可愛い。また萌えキャラかよ。
    イスの上に立っているのが、ドラクエ世界としては斬新。
    3Dドラクエだからこそ、出来る演出だな。

    周回する都合上、1周目では利用の予定なし。
    2周目でも無し。3周目で、やっと出番となる。
    おいおい、本当にゲーム設計ダイジョウブか?

    (もちろん周回数に関係なく、いつでもメダルと景品の交換は可能。
    しかし、周回する時に景品を引き継げない物もあるため、
    安全を考えると利用を控えた方が良い。メダルは貴重だからね。
    引き継げない景品については、交換したメダルが返ってくるらしい。
    メダルが返却されないバグがあると怖いので、私は交換しない)

    20170803002445_1.jpg
    Girl

    20170803002451_1.jpg
    Boy

    ヒーローズでは、貴重な子供キャラ。
    ドラクエ本編では、そこそこ登場する事が多い。
    各町や城に必ず一定数、居る印象がある。
    しかし、ヒーローズではココにきて初登場。
    オープニングムービーでは居たけどさ、話せる状態では初めてだ。
    うーん、ドラクエまでもが、少子高齢化なのかな?

    確かに、郵便局お姉さん、実績お姉さん、クエストお姉さん、には魅かれない。
    この世界に必要なのは、ビキニアーマーの戦士や僧侶、賢者さんだな。
    遊び人や盗賊、魔法使いさんも良いぞ~。
    武闘家も根強い人気があるよね。商人さんは離脱する印象しかない。

    ところで、この子たちのお母さんは、オーブおばさんなのだろうか?
    町や村が登場しないので、家庭や家族が全然描かれていない。
    人間ドラマのようなものは期待できないね。
    (その反面、無駄に話が長い傾向にある。英文なげーよ)

    20170803005147_1.jpg
    Patty's Place のアイドルPattyさん!

    ルイーダの酒場だ!ルイーダさんの服装がセクシー過ぎる。
    ポーズも明らかに狙っているだろ。誘っているのか。
    さっそくだけど、少子高齢化問題解決じゃねーか!

    名前は、英語でそのまま「ルイーダ」じゃ駄目だったのだろうか?
    ルイーズという名前はあるけど、ルイーダという名前は無い??
    これまた謎ネーミング。
    ちょっと検索してみると、英語の語感を優先したネーミングらしい。
    英語版ドラクエは、全体的に語感を優先した翻訳なのか。

    20170803005345_1.jpg
    さっそくパーティ編成。

    パティさんにお願いして、さっそくパーティを変更。
    オーロラちゃんを外し、ケイリを編入。

    ちなみに、オーロラちゃんとアリーナは強キャラだ。
    オーロラちゃんは氷の技で敵を足止め出来る。
    アリーナは手数で攻めまくれる。
    さすがは女王コンビ。1周目なので、私は封印しておくよ。
    2周目以降、何処かで育てまくるだろう。

    炎技のルーシャスは、オーロラちゃんの劣化版だった。
    技構成が似ていて、氷の足止めが出来ない分、ルーシャスの方が弱い。
    ステータスに差があるのかもしれない。

    女王コンビを封印する都合上、ケイリは強制加入。
    ドリック王は入れ替え候補のキャラがいない。
    アイラちゃんは貴重な遠距離攻撃キャラだ。やはり入れ替え候補なし。

    そんなわけで、上画像のパーティとなった。

    20170803005443_1.jpg
    Iron lance

    20170803005437_1.jpg
    Gungenir

    20170803005514_1.jpg
    Iron gauntlets

    20170803005517_1.jpg
    Gooey gloves

    これまた特典装備っぽいね。
    スライムの槍と、スライムの籠手かな?
    初期装備よりも、少しだけ強い程度だ。
    特典装備らしいオマケ武器だね。

    それよりも気になるのは、初期装備と特典装備以外に、もう一つ武器がある事だ。
    ケイリは、Parason's partisan。
    アリーナは、Gutsy gloves。
    なんだこれは……?

    攻撃力が初期装備(鉄ヤリ、鉄籠手)よりも劣っている。
    見た目はシンプルでカッコイイのだが、、、ネタ武器?


    結構、長くなってしまったので、今回はここで一端区切る。
    この記事には載せていないが、他にもキャラは居るし、
    会話シーンが、そこそこあった。マジで英文を読むのが大変だった。
    ぶっちゃけ、真面目に読んでいたのは最初のうちだけで、
    最後の方は読み飛ばす部分も多くなっていた。

    RPGをやる気持ちで文章を読むのと、
    アクションゲームをやる気持ちで文章を読む、この違いが分かるだろうか。
    アクション映画なのに、会話シーンばかりでアクションシーンが少ない映画。
    (カンフーを披露しないジャッキーみたいな)
    そんなチグハグさを感じざるを得ない。暴れさせろ!
    まぁ、英文プレイの弊害なのだろうか。日本語だと印象が変わりそうな気もする。

    ……改めてHPを確認すると、このゲームのジャンルは、アクションRPGだった。
    RPG色の強い、アクションRPGになるな。
    私のドラクエや、無双に対する偏見も混ざってしまった。
    無双(アクション)やる気満々な私に対して、ドラクエ(RPG)要素が強い。
    二つをバランス良く合わせるのは難しい事なのだろう。
    少なくとも、私は納得がいっていない。

    記事タイトル詐欺な気がしてきた。全然、無双していないぞ。XXXY!^q^
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring