2017-07-30 13:49 [Sun]

ディスプレイアームとの戦いに終止符

    » 日記
    せっかく涼しい日だったのに汗だく
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-903.html

    > 少しだけ様子を写真付きで載せたいけど、今日はもう書く気力なし。
    > そのうち載せる。今日はもう寝る!(というか、さっきまで、うたた寝していた)
    はい、書くぞ。

    まず、組み立て中に困ったら、以下サイトの動画を参考にすると良い。

    エルゴトロンアーム製品とディスプレイの取付方法
    http://www.tekwind.co.jp/faq/ERG/entry_65.php

    丁寧な動画なので、大抵の困りごとは解決する。

    今回、私は以下の二つの商品を購入。
    組み立てていった。

    エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-026
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00358RIRC/

    サンワサプライ モニタアーム補強プレート CR-LAPLT1
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B004BQ0OGY/

    20170730_01.jpg
    補強プレートと、ディスプレイアームの土台の組み合わせ。

    20170730_02.jpg
    補強プレートと、ディスプレイアームの土台の組み合わせ。横からの様子。

    補強プレートと言うだけあって、大きくて硬い///
    ディスプレイアーム単品よりも確実に安定性が増している。
    大きいディスプレイを使っている人は検討して良いと思う。
    私はディスプレイアームの耐荷重に不安があり、購入した。
    補強プレートの裏側にはスポンジが付いており、机へのキズ防止にもなる。

    20170730_04.jpg
    ディスプレイ標準装備のスタンドとの比較。

    補強プレートが思いのほか大きくて、実は内心焦っていた。
    しかし、今までのスタンドと見比べてみると、5cm以上の差が生まれていた!
    補強プレート無しだと、さらに差が広がっていたが、これはこれでアリ。
    私としては、ペンタブを設置するための奥行に、余裕が出来れば良いのである。

    20170730_10.jpg
    机の下側の状態。

    20170730_08.jpg
    机の下側の状態。その2。

    20170730_03.jpg
    説明書の図。

    小さい補強プレートを横向きに、元々のプレートを縦向きに設置。
    ちょうど十字になるようにした。
    何故かって?何となく安定性がありそうだったからだ。
    説明書の図では、プレートを横向きに設置するように書かれている。
    でも、元々のプレートはクルクルと回転する。向きは自由だろう。
    絶対に横向き限定ならば、横向きで固定するはずだ。

    そして、上画像の通り、私が使っている机の天板の下には鉄棒が走っている。
    とっても邪魔くさい!これが私の不安要素だった。
    設置が完了した今でも、本当に大丈夫なのか、ちょっと不安だ。

    ペンタブを置く場所が無い、奥行が無い
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-524.html

    机の天板を支える鉄棒が横に走っているからだ。
    挟もうとすると、天板と鉄棒の両方を挟む形になり、天板との間に隙間が出来る。
    アームが不安定な形になる可能性があるのだ。

    ……

    机の端から2.5cmの所に鉄棒がある。
    つまり2.4cmほどで、ディスプレイを支えるアームを取り付けられるのかだ。
    そんな狭い領域に負荷をかけると、今度は机がぶっ壊れそうだ。
    ディスプレイは結構重いからね。


    このような不安もあったため、補強プレートは必須だった。
    ガッチガチに固定されるように、力いっぱいハンドルを回した。
    そのおかげか、アームのポールを掴んでグラグラ揺らしても外れなかった。
    補強プレートは仕事してくれているのだろうか。
    無いよりはマシなはずだ。きっと大丈夫、大丈夫……。

    20170730_06.jpg
    ポール邪魔!

    20170730_05.jpg
    ポール避け。

    全てを組み立て終わった後に、以前のスタンドと比較。
    ディスプレイの高さを一番低くしようとすると、ポールが邪魔をする事が分かった。
    ポールを避けると、以前のスタンドよりもディスプレイが後ろに下がるが、
    アームが不恰好な形になってしまう。

    私は机を壁にくっつけて利用している。
    ポールを避けた状態で設置すると、机と壁に大きな隙間が出来てしまう。
    そんなの嫌だあああー!

    冷静になって考えてみると、アームを二つ繋げて設置する必要が無かった。
    うむ、アームを一つにしてみよう。
    しかし問題が発生。

    20170730_07.jpg
    アームとアームを繋ぐ部分の穴。

    この穴を塞ぐための、プラスチックのフタが用意されている。
    これがクセモノ。
    一度ハメてしまうと、とても外しにくい。

    記事の最初の方に載せたサイトの動画だと、
    いとも簡単に外しているように見える。
    しかし、実際は相当硬い。動画に登場している男性は怪力の持ち主なのか。
    それとも、私が非力過ぎるのか。
    プラスチック製という事もあり、力を入れると壊れそうなのも怖かった。
    結局、プラスドライバーで壊れるのを承知で、思いっきり力を入れて外した。
    幸い壊れる事もなく、無事に外れた。

    当たり前かもしれないが、最初は仮組みで、
    ディスプレイアームの位置調整などを行ってから、本組みした方が良い。
    クランプ部分は外そうと思えば簡単に外れる。
    アーム自体も簡単に外れる。
    一番外し難いのは、アームとアームを繋ぐ部分の穴のフタだった。

    20170730_09.jpg
    アームを一本にした結果。

    ディスプレイ自体の厚みもあり、
    標準スタンドよりも、少しだけ奥に行った程度になった。

    それでもディスプレイの下は何もない空間となったため、余裕が出来た。
    キーボードをディスプレイの真下に持っていく事が出来る!
    この差は大きい。
    ギリギリではあるが、やっとキーボードよりも手前の位置にペンタブを置けた。
    まだ実際にペンタブを使っていないが、利用上の問題はなさそうだ。

    高さに関しても、今までと同じか、ちょっと低い位置に設置できた。
    横の位置関係も、今までと同じ感じ。良いぞ、良いぞお~。
    ディスプレイの下に各種接続コネクタが存在するため、
    机と完全に接触する形には設置できない。
    ディスプレイの種類によっては、机と完全接触するまで低い位置に移動できる。

    ディスプレイアームさんの自由度が高過ぎぃ!
    アームを一本にしたため、さすがに自由度が少し下がった。
    それでも標準スタンドよりも、遥かに使い勝手が良い。
    なるほど、エルゴトロンさんのディスプレイアームが人気な訳が分かった。
    (で、PC机のはずなのに、エルゴトロンさんのディスプレイアームが、
    素直に設置できない、この机は何なの?もー)


    写真には残していないが、困った事。
    > これまた徹夜した頭だったからなのか、私が理解力無さすぎなのか、
    > 説明書の図が、なかなか理解できず難航した。
    > どうしても分からなくて、iPadで調べて解決。

    ディスプレイアームの高さ調整に関してだ。
    説明書の図だと、高さ調整のネジが何処にあるのか、さっぱり分からなかった。
    記事の最初の方に載せたサイトの動画、1分52秒ぐらいから方法を紹介している。
    ネジの位置が分かりづらい。動画を見て思わず「おおお!そこかぁ!!」と驚いた。

    さらに驚くべき事。
    私はディスプレイアームの耐荷重に不安があった。
    しかしWQHDディスプレイが、初期状態だと高い位置に上がりっぱなしになった。
    ディスプレイアームさん、力持ち過ぎる!

    そうして喜んだのも束の間。
    アームが上がりっぱなしで、下がらない事に気が付く。
    「もうディスプレイアームさんの力自慢は良いから!」
    と、何度も下げようとしても下がらない。

    高さの調整ができません
    http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000108135/SortID=15485222/

    みんな悩んでいたようで、解答はネット上に存在した。
    マイナス方向に「これでもか!」と回すと良い。

    私の場合はキリキリと音が鳴りだして、ちょっと怖かった。
    説明書にも「決してネジは外さないように!」と書いてあるし、
    何処まで回して良いものかと不安になりつつ、やっていた。
    (しかもネジを回すのに結構、力が必要。やはり私は非力なのか)
    動画が無かったら詰みだった。本当にありがとうございます。
    ※説明書などにも書いてあるが、蓄積エネルギーで勢いよく上に持ち上がる、
    もしくは下に下がったりする可能性がある。少しずつ様子を見てやろう。



    こうして私は念願のディスプレイアームの取り付けに成功したのだった。

    念願のパソコン周りの環境が遂に!
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-660.html

    ディスプレイアームが我が家に届いたのが、2016年12月。
    約8ヶ月後の現在、ようやっと取り付けた。放置期間が長かった。

    最近、絵が描きたいんだわ
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-402.html

    絵が描きたい。ディスプレイアームが欲しい。
    そんな事を書いてから、およそ1年4ヶ月が経過。
    本当に念願だわ。行動が遅すぎる。

    し、しかし……。

    > ディスプレイアームと、マウス!
    > そして、USB3.0対応のハブ!
    > 延長タップは、そのうち何処かの店で買う。
    これ。すっかり忘れていた。

    延長タップが無いため、USB3.0対応のハブを接続できない。
    このハブは電源付きなのだ。
    ペンタブも接続コネクタの位置関係で、現状接続が難しい。
    やっちまったねぇ……orz

    まぁ、さすがに延長タップごとき、そこいら辺の電気屋で買える。
    パパッと購入して来れば、接続するのは、もうかなりお手軽だ。
    ディスプレイアーム設置という難関を乗り越えた今、
    パソコン周りの環境の完成は近い。

    気温が高いのがネックか。
    このクソ暑い中を、自転車で電気屋に行くのが億劫orz
    車を運転して行くのも手だが、私はペーパードライバー。
    ドライブゲームをプレイしていても、大事故を起こしてヘラヘラと笑っている。
    パソコン周りの環境が完成する前に死んでしまう!

    さすがに完成一歩手前の状態で、1年以上放置するつもりはない。
    何処かで覚悟を決めて、電気屋に行くさ……。

    机の上や引き出しの中身も2日がかりで、相当綺麗にした。
    ほとんど何もないぞ。やったぜ!
    何ヶ月で、現在の状態が崩れるのか。我ながら気になる。

    さぁ、あと少しで絵を描けるぞ!全米を泣かしてやる!!
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring