2016-11-14 23:41 [Mon]

率直に書くと、恥ずかしい記事になった

    » 日記
    最近の宮崎駿さんの活動を見てしまって、考えさせられている。
    物凄く濃厚な時間を頂いた。
    ニュース記事なりを調べると出てくると思う。
    そのまま「宮崎駿」で検索!

    もしかすると、「風立ちぬ」ではなく、
    もう一つ最後の宮崎駿長編作品が誕生するかもしれない。

    大衆に受けるような映画ではなくなってきた。
    というような発言もあり、「風立ちぬ」は子供向けとは言いにくかった。
    大人向けなのかと言うと、これもまた何も考えないで観れる作品では無いだろう。
    何度か観て、味わう映画だと思っている。

    完全な私の推測。
    最後の長編作品も大衆に受けるような映画ではない。
    「風立ちぬ」のように小難しい話でもない。
    誰しもが身近に「なんとなく」感じている事を映画化するのではないだろうか?
    金持ちや権力者の立場ではなく、もっと身近な人たちの問題……。

    表向きは物凄いアニメーションで圧巻させられる。
    だが、中身を深く追う人は少ない。
    そんな作品になりそうだ。

    地球滅亡、生きるか死ぬか、新しい命と奇跡、とかかな?

    なんだ、この記事。人間、宮崎駿が面白くて、ちょっと追いかけてしまいそう。
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring