2016-10-20 23:59 [Thu]

シン・ゴジラ を映画館で観た

    » 映画
    昨日、観た1本目の映画、シン・ゴジラ について。

    外出先からの更新!
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-602.html

    良い意味で期待を裏切ってきた映画だった。
    話題になっているけど、どうせ流行っているからだろう。
    どうせ日本映画だし、ゴジラだし……。
    と思っていたら、凄い映画だった。

    映画本編の前に、他の映画の予告CMを流すのが、
    映画館のお決まりのパターンなのだが、他の映画ひどい。

    シン・ゴジラは日本映画なので、予告CMもほとんどが日本映画。
    その日本映画は、私が馬鹿にしている日本映画そのもの。
    泣き叫んで、怒鳴って、笑えないギャグをやって、美男美女が惚れた腫れただのやって、
    最後にどうせキスして終わるのだろう。恋愛もの映画として観ても、雑で低品質。
    本業が役者じゃない人が主役をやって、大根演技を披露するし、
    本業が役者の人ですら、大根だったりするし、本当に最低だ。

    ……一方で、シン・ゴジラ。上記に書いた要素が一切ない。
    意味不明だったり、沸点が低すぎだったりで、泣き叫んだり、怒鳴ったりしない。
    納得する場面で、適切な感情表現をしていた。
    (泣き叫ぶ場面があったかは、よく覚えていないけどな)

    美男美女という点で言えば、竹野内豊、石原さとみ、が出演していた。
    当たり前だけど、二人とも納得の演技だった。
    前情報一切なしで観たため、まさかまさかの俳優陣で驚いた。
    竹野内豊が出てきたところで、「うほー!マジか!?」と思ったし、
    石原さとみが出てきたところで、「ふつくしい、てかキミも出てたのか!?」と思った。

    他にもお馴染みの実力派俳優さんが次々と出てくる。
    「凄い、これぞ映画!」を感じさせられた。
    (だいたいの日本映画は、ドラマの延長線上だ)

    個人的に注目している俳優さん、高橋一生、も出ていた。
    やはり良いキャラしてらっしゃる。
    ベネディクト・カンバーバッチの低音ボイスが注目されているとのニュースを、
    見た覚えがあるのだが、私は高橋一生の低音ボイスが好きだな。

    役のせいだろうけど実は美人な、市川実日子、も出ていた。
    私が見る時は何故かいつも、ちょっと変わった役どころを演じている。
    今回は老けメイク?肌荒れメイク?をしていた感じで、やはり美人な一面を隠していた。
    モデルさんだからね、実際に目の前に現れたら目を合わせられないね。


    俳優陣の事ばかり書いたけど、他も凄い。
    CG処理やら、演出やら、日本映画とは思えない完成度だった。
    ゴジラだから、やっぱりあるよ、破壊シーン。
    でも、違和感ゼロ。
    本物のゴジラが暴れて壊しているシーンを撮ったのではないかと言うぐらいにリアルだ。
    昔のウルトラマンや、ゴジラは、子供だった私ですら、偽物だと分かっていたからね。
    今の子供がシン・ゴジラを観たら、寝られなくなるだろう。
    映画が終わった後に、本気でゴジラが来た時の準備をするに違いない。

    今の日本のCG処理はバレバレで、CGっぽい場面が出てくるたびに萎えていた。
    バレバレなCGでやるぐらいならば、子供時代に観たジオラマ破壊やら、
    着ぐるみの方がマシなレベルで、低レベルなCG処理。
    それが、今回のシン・ゴジラは本気だったね。本当にリアルだった。
    ハリウッドが関わっているのではないかと、疑うレベルで凄い。
    某マンガの実写化コスプレ映画は見習った方が良い。せっかくの素材が勿体ない。


    とにかく日本映画がショボイ。
    好きな洋画は数えきれないほどあるけど、好きな邦画は数えるぐらいしかない。
    シン・ゴジラが今後の日本映画に良い影響を与える事を祈る。


    以下、続きにネタバレを含む感想。
     

    続きを読む ▽


ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring