2016-10-16 23:19 [Sun]

ヒットマン の録画を観た

    » 映画
    2007年の方の映画。およそ5ヶ月前の録画だ。
    2015年にリブートされた方の映画も気になる。

    前評判があまり良くなく、観る前から身構えていたが杞憂だった。
    今回観た2007年版のヒットマンの映画は、割と良かった。
    少なくともHitman: Absolution よりは良かったように思う。
    (ちなみに私はヒットマンについて詳しくない。Hitman: Absolution が初体験)

    ヒットマンのお馴染みの行動とされる物も網羅されていた。

    シルバーボーラー?の二挺拳銃を胸の前でクロスして持つ。
    両手を広げる感じで二挺拳銃を構える。
    体育座りとは違うけど、スナイパーライフルの独特な構え方。
    双眼鏡代わりにスナイパーライフルを使う。
    スーツケースに組み立て式のスナイパーライフルをしまう。
    バーコードハゲを隠せていないバレバレな変装をする。

    ……とかかな。
    「おー、これはゲームのヒットマンを再現しているな」
    と感じさせるシーンの数々だった。

    オペレーターもお馴染みのダイアナだった。
    背中に2本の刀を隠していたのは知らなかった。
    どちらかと言うと、絞殺用のワイヤーのイメージがある。
    もちろんワイヤーで殺害するシーンもある。

    ヒットマンをテーマにしているためか、全体的にグロテスク。
    ゴア表現満載で、日本のゲーム会社では作れない表現に溢れていた。
    大量の血しぶきは緑にする必要があるし、
    人間を虐殺するのはマズイから、ゾンビにする必要もある。
    画面を真っ黒にして声だけにしたり、モザイクをかけたりするのもアリだろう。
    撃たれた人間は出血せずに、やられた声だけ叫んで、スッと消えたりな。

    ……安心して欲しい。PG12の映画なので、規制なく観られた。
    もしかするとカットされたシーンがあったかもしれないが、気にならなかった。
    地上波で放送して良いのかと、逆に感心した。
    Z指定でも上記のような規制が必要なゲームは辛い。
    Hitman: Absolution に規制があったのかは知らないが、
    ここまでゴアな表現は無かったと記憶している。

    ゴア表現のおかげなのか、とにかくガンアクションがクール!
    爽快で気持ちがいい。完璧主義的な47の活躍が良い。
    Hitman: Absolution のような口だけハッタリおじさんじゃないよ!

    ボンドガールのおっぱいも満載だ。
    まさかのシーンでビックリした。
    中盤はおっぱいシーンやエッチシーンのオンパレード。
    原因は途中でボンドガールが色気を見せ始めたせい。
    全部、あの女が悪い!47の無欲さは悟りを開いているレベル。

    残念な点はシナリオだろう。
    単純なシナリオを、回りくどく、分かり辛く、ゴチャゴチャにした感じ。
    何を言っているのか、途中で置いてけぼりになった所もあった。
    終わってから振り返ると、本当に単純な話だった。
    よくある単純な話なのに、矛盾を抱えている点も謎である。

    Wikipediaを読むと小ネタが書いてあって面白かった。
    さすがにヴィン・ディーゼルは、47に相応しくない。
    今回の映画の配役は良かったように思う。かっこいい。
    ヴィン・ディーゼルは、ちょっとマッチョ過ぎるし、他の映画のイメージもある。
    クールな暗殺者というよりは、熱血で破天荒な破壊者のイメージだ。


    結論、アクションシーンとおっぱいが見所。
    ストーリーは残念だけど、アクションがカッコイイから私ならば許す。
    アクションシーンだけ何度も観たいぐらい好き。

    ゲームのヒットマンを踏襲しているシーンが含まれているのも好感だ。
    (昔のヒットマン好きには、好きになれない映画のようだが)
    映画の冒頭で、アイドスに捧ぐ的なメッセージが出るだけある。

    ところで47のバーコード部分って、数字が書いてなかったけ?気のせい??
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring