2016-09-25 23:55 [Sun]

No Man's Sky 冒険中10

    » ゲーム
    Steamで売っているコレ。

    No Man's Sky
    http://store.steampowered.com/app/275850/

    現在プレイ中。
    プレイ時間は100時間。
    (プレイ時間が前回と変わっていないのは、最近プレイしていないから)

    あえて攻略中とは書かない。
    私は宇宙を冒険しているのだ。
    いつ終わるかも分からない、果てしない冒険の旅さ。
    (※飽きたら一時中断します)

    既に数百光年先の星系に旅立ってしまったが、過去のスクショと冒険の記録を記す。

    No Man's Sky 冒険中7
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-559.html

    冒険記録7から続いた、ヒンネウエグウエイ星系から遂に脱出。
    ヒンネウエグウエイ星系には3つしか惑星が無かったため、記事で全て網羅した事になる。
    約60時間目にして、ヒンネウエグウエイ星系でようやっとチュートリアルが再開したので、
    今回はチュートリアルに沿って飛ぶ事にした。

    20160825091237_1.jpg
    第3の星系移動ルートが解除!ついに謎の存在、アトラスに至る。

    およそ80時間ほどプレイして、ようやっと辿り着いた。
    体感では、たいしてプレイしていないつもりだった。
    恐るべき時間泥棒である。

    燃料満タン状態のハイパードライブによるワープ航法。その先には……。

    20160825091502_1.jpg
    アトラス……!

    星系ゼレンゴール・エナンプに到達。
    銀河の中心から、およそ17万光年遠い場所に位置する。
    この星系は既に Regis という人に発見されていた。

    星系ゼレンゴール・エナンプは、とても不気味で気持ちが悪い。
    初めて到達した時は、あまりの気持ち悪さに鳥肌が立った。

    空間全体が赤いのだ。
    アトラスの影響によって赤くなったのだろうか?
    赤い宇宙区間に大きな惑星が6つ。
    そして明らかに人工的で巨大なアトラスステーションが静かに佇む。

    アトラスステーションの中に潜り込んだ後も、衝撃が待ち受けていた。
    とにかく不気味で、幻想的だ。
    さすがにネタバレ過ぎるので、スクショは載せない。
    自分の目で確かめた方が衝撃を受けるだろう。

    おそらくは、この世界の神。

    アトラスインターフェイスに触れた時に出てきた大量の文字列。
    残念ながら、現状の知識では1単語しか解読できなかった。
    理解できない文字列の中に、世界の秘密が隠されているのだろう。

    不気味で気持ちが悪いと言いつつ、80時間目にして、
    久しぶりにワクワクするイベントだった。

    20160825094942_1.jpg
    惑星かがはすだイムキンド。

    20160825094955_1.jpg
    惑星クリストペプスチド。

    20160825094952_1.jpg
    惑星グロエクジェラウエル。

    20160825094950_1.jpg
    惑星パホルスパヂィア。

    20160825094948_1.jpg
    惑星デルタングジェヌグラベ。

    20160825094947_1.jpg
    惑星コドルマサングート。

    (1) かがはすだイムキンド。
    (2) クリストペプスチド。
    (3) グロエクジェラウエル。
    (4) パホルスパヂィア。
    (5) デルタングジェヌグラベ。
    (6) コドルマサングート。

    なんだか復活の呪文みたい。
    上記6つが、星系ゼレンゴール・エナンプに存在する惑星だ。
    どうやら Regis はアトラスに出会った後、調査を放棄して、この星系を脱出したようだ。

    私も初めて何も調査せずに、この星系を脱出した。
    いつもだったら、星系に存在する全ての惑星調査を完了してから、
    次の星系へと移動するのだが、今回はギブアップ。

    アトラスに衝撃を受けたのもある。
    しかし真の理由は、惑星の数が多いからだ!
    6つも惑星が存在する星系に、初めて遭遇した。
    正直、驚いた。

    氷の惑星っぽいクリストペプスチド。
    海が存在しそうな、惑星デルタングジェヌグラベと、惑星コドルマサングート。
    改めて見ると、興味はある。

    でも、このスクショを撮っていた時は早く脱出したかった。
    赤い宇宙空間が怖い。大きい惑星が多くて怖い。アトラスが怖い。
    第一発見者である Regis が何も調査せずに旅立っている。
    私も長居すべきではない。そう悟った。

    誰か勇気がある人は、星系ゼレンゴール・エナンプを調査して欲しい。
    辿り着けるかは不明だが……。
     
2016-09-24 23:59 [Sat]

38度の熱にも負けず

    » 日記
    昨日も書いたけど、ダルい。

    ヤル気が失われる
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-576.html

    何もしていなくても、汗が出てくる。
    おかしいと思って体温を計ったら、38度の熱だった。
    やはり熱に慣れてきたせいか、動けないほどじゃない。
    久しぶりの発熱だったけど、強くなったのかな。以前は動けなかった。

    ダルいけど、ダルいなりに色々と動く。
    昨日ほど、ヤル気が起きないわけでも無かったので、頑張った。

    季節の変わり目で、寒くなってきたので、みなさんも風邪に気を付けて。
     
2016-09-23 23:19 [Fri]

ヤル気が失われる

    » 日記
    腰が痛いし、ダルい……。風邪気味かもしれない。
    色々とヤル気が出ない。

    最近、私の努力がまたもや水の泡になってしまった。
    もうリベンジする事も出来ず、かなり悔しい。
    2回ほどチャレンジしたけど、2回とも別の原因で失敗している。
    次こそは!と作戦を立てるものの、見事に失敗の連続だ。
    何も上手くいかない……。
    この失敗経験が私からヤル気を、さらに奪っている感じがする。

    数々の報われぬ努力と失敗。
    私の人生は一体どうなっているのだ。

    この先の人生に期待して、またヤル気を起こすしかあるまい。
     
2016-09-22 23:26 [Thu]

秋分の日だね、ついに秋だ

    » 日記
    稲垣「今更、夏の特別編2016 だけど、観てくれるかな!?」
    子供たち「はい!ゴローさん!!」

    この「はい!ゴローさん!!」が、「いいとも!」並みに好き。
    ……というわけで、およそ1ヶ月前に放送していた、ほん怖の録画を観た。


    怖い、怖くないの前に、日本の俳優のレベル、ドラマのレベルを考えさせられた。
    良いのか、これ?
    心底、学生時代に演劇活動を経験すれば良かったと後悔した。
    私の思う「良い」「悪い」は、世間とズレているのだろうか?

    ベテラン勢(柳場さんとか)の演技力はさすがだ。バカリズムさんの演技も好き。
    だけど、本職であるはずの一部の若手俳優さん?の演技が、どうしても首を傾げたくなる。
    俳優さんが悪いのか、監督が悪いのか、脚本が悪いのか。良く分からない。
    そもそも演技の良し悪しすら、良く分からなくなってきた。

    漫画みたいな過剰なリアクション。
    感情をこめていると見せかけた、わざとらしい台本の朗読。
    ドラマ中の大袈裟な喜怒哀楽。

    観ていると稚拙に感じて、非常にシラケた。
    低予算な短編テレビドラマだから……、とも言い切れない。
    日本映画も大体同じように感じるからだ。

    ドラマや映画など、求められる演技は違うだろう。
    何が求められているのかは分からない。

    いち視聴者の私としては、そこにある程度のリアリティを求めている。
    だが、これは間違いなのだろうか?私だけ??
    普通の人はゴテゴテした、いかにもな作り物を観たがっているのだろうか?


    馬鹿馬鹿しい設定や内容でも、その世界で生きる人々にリアリティがあると、
    「あれ?マジでこんな世界があったらどうしよう??」
    とか、考えさせられる。設定や内容に真実味が出てくる。

    実際に、こんな反応する人がいるはずない。
    こんなに感情的な人がいるはずない。
    いるかもしれないけど、一般的では無い。
    非現実的な演技を見て、内容から一歩引いてしまう。

    非現実的な人間が生きる世界では、
    髪の毛がボサボサの人間や、ブルーライトを当てた人間、白塗りの人間が、
    普通に闊歩しているのかもしれない。
    お化けは、もちろん非現実的。人間すら非現実的。
    全てが作り物でしかない世界の話で、どうやって怖がれと言うのか。

    自分の家には「白い服を着た長髪のボサボサ女」が、絶対に現れない。
    明らかに作り物の世界を見た後で、
    「怖いから現実ではお守りを持ち歩こう!」
    とはならない。そんな真剣に考えられないドラマや映画が良いのだろうか。
    (1ジャンルとしては良い。でも日本の作品は99%そうなっている気がする)


    演じようとするのではなく、自然と役になりきる。
    ドラマも映画も、モキュメント的な気持ちでやってほしい。
    そうしたら、あんな不自然な演技が無くなると思う。
    演劇経験ゼロのド素人の意見だがな。

    実際には役は演じる物で、過剰なリアクション、大袈裟なアクションが評価されたり、
    ドラマの山場では、必ず感情を爆発させなくちゃいけない決まりがあるのかもしれない。
    だとしたら、私はこの先も日本のドラマや映画を観るたびに、落胆するだろう。
    (でも一部好きなドラマや映画もあるので、やっぱり捨てきれない)

    ちなみに突然出てきたお化けに、母親がビビっていた。
    やっぱりホラーと言えばビックリ系!……なのか?



    最後に。
    北海道滝川市の大きな病院って、そんなに数が無いのでは?
    ググると、同じ意見の人が居て安心した。観ていて、気になってしょうがなかった。
    撮影場所の病院は明らかに違う場所だ。
    良く見ると、病院の名前にしっかりとモザイクがかかっていて笑った。
    撮影って大変だな。

    怖い音楽や、お化けっぽい人が登場して、役者が怖がっていたら、みんなも恐怖しよう。
     
2016-09-21 22:42 [Wed]

バイオハザードCG映画3作品目?

    » 日記
    Re.netネタ。

    2017年春公開予定!フルCG長編映画「バイオハザード ヴェンデッタ」最新情報!
    https://www.residentevil.net/ja/news_topics-201609211200.html

    クリスが来たかっ!
    バイオのCG映画3作品目だな。
    ……と思ってWikipediaを確認したら、もう一つ隠れた作品があった。

    Biohazard 4D-Executer
    https://en.wikipedia.org/wiki/Biohazard_4D-Executer

    バイオハザード ディジェネレーションよりも一つ前の映像作品。
    2000年~2001年頃に公開されていたので、
    バイオハザード3、バイオハザード CODE:Veronica辺りの作品だ。
    詳細は検索してみよう。

    そして、今回のヴェンデッタ。
    どうやらバイオ6の後の話っぽい。クリスが部隊(3人?)を率いている。
    襲い来るゾンビ!壁の後ろに隠れるニヤニヤした男!
    やっぱり登場するレオン!

    クリスとエイダが絡むと、ややこしい話になりそうだから、
    エイダは登場しそうにない。残念。
    クレアはどうだろう?ジルは登場するかな?
    (レオンとジルが絡むと、ややこしい話になるか。未だに出会った事が無い二人)

    クリスがメインっぽいけど、誰の復讐なのか。
    仲間が殺されて暴れるゴリスの復讐劇?ウホッ!

    色々と気になるなー
     

ブログ内検索
カレンダー
    08 | 2016/09 | 10
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring