2016-08-20 23:48 [Sat]

「思い出のマーニー」の録画を観た

    » 映画
    涙腺が弱った私には駄目な映画だね。
    泣かされた。

    感情に訴えかける演技が出来るって素晴らしい。
    有象無象の日本ドラマは見習って欲しい。
    ジブリあるあるの、妙にヘタクソな声優さんも居なかった。
    少なくとも私は違和感なく観れた。

    声優もやれるマジモンの俳優さん達だね。
    北海道が舞台と言う事でTeam NACS も出ていたようだけど、
    全然気が付かなかった。作品をぶっ壊さない、さり気なさが素敵。
    何処で出てきたのか、もう一度観たくなる。

    歳を食ったせいで、物語の先読みが出来てしまった。
    だから、ラストシーンでの驚きは少なかった。
    もっと「ぽけー」っと観ていれば良かった。
    かなり衝撃を受けたはずだ。

    実際、いくつかミスリードに引っかかって、
    「どういう事だ?」っとなった。食いつかせる内容だった。

    テレビ放送版だから、結構カットされていると思うけど、
    物語的には特に破綻が無かったと思う。
    かなり良く出来ていた。

    個人的には、最近のジブリ作品の中で、かなり上位に来る。
    「風立ちぬ」とは、まったく違う雰囲気だけど、
    私は「思い出のマーニー」の方が好きだな。
    原作が良かったのか、パヤオが負けたのか。

    そんな「思い出のマーニー」は、ジブリ最後の映画だった。
    2年前の映画だったのね。
    (2015年10月に録画した物だから、映画公開後1年で
    テレビ放送した事になる。テレビ放送による収益が無いと苦しいのだろう)
    その後、宮崎駿引退や、大量リストラの話は聞いていた。
    鑑賞後に色々調べると、ジブリはもっと大変な事になっていた。

    そもそも高畑勲さんも引退していたし、
    「思い出のマーニー」の監督をした 米林宏昌さんも引退していた。
    というか、リストラ?

    映画の賞をいっぱい取るイメージがあるジブリだけど、
    経営は赤字状態が続き、今でも大量の借金があるのではないだろうか。
    映画上映の収益25%しかジブリに入らないという話も驚きだ。
    社会構造だから仕方ないとも思うけど、なかなか報われない。

    クールジャパンは己の武器を捨てるスタイルだ。
    アニメ、マンガ、ゲーム……など、なんだか残念だね。
    クールジャバンは色々な文化について取り組んでいるようだから、
    たまたま不遇なだけかもしれないけど、やっぱり残念だ。

    なんだかんだ言って、ジブリ作品が好きだ。
    「思い出のマーニー」を観て、改めて思った。
    今後、ジブリの新作が観れないかもしれないのは、とても残念。
    今回の映画を観て、「ジブリの」米林宏昌さんの作品が
    もっと観たくなった。

    子供向けの映画なのかと言うと、疑問。
    児童文学が原作なのだから、子供向けなんだろうけど。
    魔女の宅急便(猫のジジ)や、
    トトロのようなキャラクター性は出せていなかった。

    子供が思う、「可愛い!」や「面白い!」が無い。
    退屈になる子供も居たのでは無いだろうか?
    偉そうな事を書いておいて、私は子供向けが
    なんたるか、なんて分かってないけどね。
    ツイッターや、ブログを持たない、小学生以下の感想が知りたい。
    大人の私は楽しめたよ。
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring