2016-07-15 21:26 [Fri]

マレフィセントの録画を観た

    » 映画
    ディズニーのファンタジー実写映画。
    アンジェリーナ・ジョリー主演。

    珍しく父親に誘われて観た。
    私の父はSFや、ドンパチアクション物の映画が好きだ。
    一時期はスティーヴン・セガールの映画を、気が付けばいつも観ているような状態だった。
    ジャン=クロード・ヴァン・ダムもお気に入りらしい。
    シュワちゃんや、スタローンの映画は観過ぎて飽き気味のようだ。

    私は幼い頃、映画のテレビ放送(録画)によく付き合わされていた。
    テレビのある居間では、大抵これらのドンパチアクション映画が流れていた。
    映画好きの今があるのは、確実に両親の影響である。
    (母親もアクション物、サスペンス物をよく観る)
    私が観るジャンルは両親の影響により、広範にわたる。

    ちょっと話が逸れたけど、そんなアクション大好きな父が
    まさかのディズニー映画を観たがっていて驚いた。
    「夜にやっていた映画で、凄く面白そうだから観よう!」
    と誘われた。
    マレフィセントと王国軍が戦うシーンまで観て、アンテナにビビッと来たようだ。
    この戦闘シーンに至るまでに、やたらディズニー感のあるファンタジー描写があったのに、
    よくアンテナに引っかかったなーっと思った。丸くなったのかな?

    内容は眠れる森の美女。の別視点、別解釈版。
    なかなかの迫力、綺麗なCGと、映像は観ていて気持ちがいい。
    アンジーの頬骨は特殊メイクだと思う。
    耳も尖っていたし、異形の存在を作っていたのだろう。
    デカイ角とか、大人になったマレフィセントは、いかにも悪っぽい。
    劇中ではアンジーっぽさもあって、良かった。

    ヴィヴィアン・ジョリー・ピット。
    この名前が出てきて驚いた。
    養子ばかりで、実の子供はいないと思っていた。
    調べてみると、実の娘のようだ。
    映画の中では出番も少なく、大した演技は無かったように思う。
    それでも週で30万のお給料だったとか。Wow!

    やかましい3人の妖精。
    日本語吹き替えの福田彩乃さんが、一人三役というのが驚きだ。
    観ていた時は全然気が付かなかった。

    全体的によくまとまった映画だった。
    話の展開は見え見えなので、ストーリーには大して期待しない方がいい。
    ディズニーらしく絵が綺麗。ファンタジーで、幻想的な映像が良い。
    あとはヴィヴィアン・ジョリー・ピットの活躍や、
    やかましい3人の妖精を一人で演じている様子を想像すると、楽しめそうだ。

    ……ここまで書いたけど、私ならば2度は観ない。
    1回観れば十分な映画だった。
    彼女に頼まれたら観るぞ!(彼女いねーけどな!!)
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring