2016-05-03 22:50 [Tue]

今日の昼にやっていたドンパチ映画

    » 映画
    これ。
    ロードがやたら長い公式ページ。

    エンド・オブ・ホワイトハウス
    http://end-of-whitehouse.com/

    清々しいほどのドンパチ映画。
    久しぶりに観たよ、こういうアクション映画。サイコーだ!

    映画が始まって30分ぐらいは
    退屈な日常シーンや、過去の出来事だから我慢してね。
    特に意味は無いよ。
    状況説明、キャラクター紹介に過ぎない。丸々飛ばしてOKレベル。

    上記の30分が過ぎてからが、怒涛の展開だ!
    一気に目が覚めた。

    ホワイトハウスに攻め込む大勢のテロリストたち。
    次々と殺されるアメリカ人と、一部のテロリスト。
    大統領監禁の事件発生シーン、30分ぐらいかな?
    ここが最大の見せ場であり、クライマックスだと思う。

    ゲームに例えるのもどうかと思うけど、
    射撃系ゲーム初心者(アメリカ人) vs ガチ勢(テロリスト)&チート厨(テロリスト)
    こんな感じ。

    人々が、いとも簡単に死んでいく。残機がいくつあっても足りない。
    武装のレベルが段違い。統率力も凄い。
    突破作戦を相当練ったのだろう。

    そして虐殺とも取れる戦闘シーンが終了後、
    主人公一人の孤独な戦いが始まる。ゲームスタートだ。
    主人公がかなり強い。
    プロゲーマー(主人公) vs 舐めプのガチ勢(テロリスト)
    こんな構図になる。

    あのホワイトハウスを落としたテロリストが、
    たった一人の男にビビるわけが無いわな。

    そして映画が淡々と進行していく印象。
    一人 vs 多数 の形になるので、スケールダウンしてしまう。
    一人で戦う以上、正面から戦うのではなく、
    どうしても隠密行動、奇襲作戦になってしまうからだ。
    なんとなく地味。
    しかも主人公は強いので、アクションシーンはすぐ終わる。

    ストーリーは無いようなもの。
    北朝鮮系のテロリストらしいけど、私はマジでありそうな話だと受け取れた。
    アメリカの愛国心、大統領バンザイぶりを楽しもう。
    何も考えずに、爽快な気分を味わおう。
    アクションはやっぱり序盤が一番凄かった気がするけどね。
    なんとなく最後まで観られた。

    何気にグログロ。病院に運ばれた兵士の片腕が取れていた。
    血もドバドバ。残虐シーンのオンパレード。
    ゲームだったら年齢制限が厳しい部類になるだろう。

    でもね、かなり最初の方で10歳ぐらい?の子供が
    兵士を操って射撃する系のTPSで遊んでいたのだけど、
    皮肉かな?
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring