2016-05-01 17:04 [Sun]

戦いこそが全て

    » 日記
    自由と平等は素晴らしい事だと思うけど、
    もしかして争いの種になっていないか?

    ある程度の自由、ある程度の平等は実現可能だろう。
    だけど完全な自由や平等は駄目だろう。
    完全な自由や平等の辿り着く先は、
    映画リベリオンのような世界ではないだろうか。

    ガンカタで有名な映画
    リベリオン Wikipedia
    https://ja.wikipedia.org/wiki/リベリオン

    あまり、こういうネタは書きたくないのだが、
    何故かゲーム関係の記事を読んでいて思ってしまった。

    グローバル化の弊害の一つだよね。
    他国のルールの押しつけとかさ。
    Gamergateは、正しい事をやっていると見せかけて
    単なる正義の押しつけ。いや、押し付け合い。
    もはや戦争だ。

    表現の自由って素晴らしいと思う。
    だけど限度もある。
    これだけの話なんだけど、これだけじゃ済まない。
    保守と改革で対立して、戦争勃発。

    表では言論の戦いを装いつつ、
    結局は資金力、権利の力によって解決するだろう。
    解決したように見せかけて、また粗探しをして、戦い始めるだろう。

    映画リベリオンのような世界にならないと
    争いが無くならない。
    結局、あの世界でも争いは起きてしまったけどさ。

    限度の無い自由は平等を犯す。
    でも、その限度ってなに?
    平等とは、全部同じにするという事?
    そもそも国や文化が変わると、ガラリと世界が変わるけど
    いったい何がしたいの?

    そう、戦いたいだけ
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring