2020-08-06 23:13 [Thu]

頭カラッポに出来ない、逆に難しい

    » 読書
    やっぱり、あんまり記憶に残っていない……。

    頭カラッポにし過ぎ、もっと頑張れ
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-2032.html

    悟空ベジータなど、メインキャラ勢との絡みが無いとピックアップされない。
    絡みが無い時は何しているの?お茶を飲んで雑談?
    バトルロイヤルとはいったい……。

    上リンク先はドラゴンボール超8巻の話だ。
    今日あまりに暑かったので、PCの電源を入れずに、少しだけ漫画を読んでいた。
    ドラゴンボール超6巻を読み直していて、気が付いた。
    バトルロイヤルしているじゃん!

    ドラゴンボール超5巻の最後の方~ドラゴンボール超6巻の最初の方。
    ページにすると、40ページあるか、ないかぐらい。
    漫画版オリジナルで、全ての破壊神が同時に戦うシーンだ
    (アニメ版では全覧試合で戦った破壊神が、たったの3人?)。

    全体攻撃をしたり、不意打ちをしたり、見境なく攻撃したり……。
    本番の力の大会よりも、破壊神同士の方がバトルロイヤル感が出ていた。
    力の大会は何故、残念な事になったのだ。

    全王「ぜんぜん見えないね」
    全王「早すぎるし、ウルサイし、つまんないね」
    全王「……うーん、なにが面白いか、わからなかった」
    全王「これなら、やらなくても、いいかな」

    ドラゴンボール超6巻の、全王様のセリフを少しだけ抜粋した。
    力の大会は、全王様を楽しませるための茶番だった?

    いくら強さが曖昧になったドラゴンボール超とは言え、
    破壊神に迫る勢いで強いキャラが、確実に何人も存在する。
    ナメプをせずに、本気でバトルロイヤルをすれば、
    破壊神同士の戦いのようになったはずだ。
    あらかじめ各宇宙の破壊神が、ナメプをするように言ったのかもしれない。

    いやでも、破壊神もろとも消滅の危機にあったはずだ。
    ナメプをするような余裕なんてあったのかな。

    全王様は力の大会で、いったい何を見ていたのだ?

    ドラゴンボール超以前のドラゴンボールでは、戦闘力が違い過ぎると見えない。
    「え?え?今、何をしたんだ?」
    みたいな感じで、戦いを追いきれないシーンが何度かあったはず。

    力の大会の闇と謎は深い。解説して、ツッコミを入れてくれる本が待ち遠しい
     
2020-08-02 22:52 [Sun]

頭カラッポにし過ぎ、もっと頑張れ

    » 読書
    今日はいったい何度あったのだろうか。

    天気予報を見ていないので分からない。昨日よりも暑く感じた。
    とにかく暑くて、室温が遂に30度になった。
    何もしていないのに汗が出る。

    それでも扇風機、エアコンに頼らない!窓を開けて対処。
    ほとんど風が入ってこなかったけどな。

    さすがに暑過ぎたので、PCの電源は入れなかった。
    PCが壊れる。壊れなくても、確実にダメージが入る。
    夜になったら、多少はマシになるだろうと思い、漫画を読む事にした。

    身勝手の極意で、無理やり休めよ
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1832.html

    力の大会が行われている7巻を、最近ようやく読んだ。
    素直にクソだった。やはり力の大会は、個人的に好きになれない。
    好きになれない8巻、9巻、10巻は、未だにビニールをかぶったままだ。
    読むのに気合と、ストレスに対する気持ちの余裕が必要。

    ああ、ドラゴンボール超8巻のビニールを破いたよ。
    購入したのは去年(2019年)の4月。1年以上放置していた。

    個人的に大嫌いな、力の大会編。読んでいても、さっぱり印象に残らず……。
    やっぱりバトルロイヤルは駄目だった。料理しきれていない。
    キャラと名前が一致しない。
    たくさんの宇宙から、色々なキャラが登場したけど、どれだけ覚えている?

    漫画とは関係が無いページで、1ページを使ってキャラ紹介をする始末。
    それでも「こんなキャラいたっけ?」と言うのが、ほとんど。
    大半のキャラが見せ場なく退場。

    8巻では終わらせにかかったのか、ケールとケフラがほぼ退場させてしまった。
    雑ぅ~!どんだけ~!

    悟空ベジータなど、メインキャラ勢との絡みが無いとピックアップされない。
    絡みが無い時は何しているの?お茶を飲んで雑談?
    バトルロイヤルとはいったい……。


    そして、8巻でようやく力の大会がクライマックスに突入したようだ。
    9巻の途中で、力の大会が終わりそう。はよ、終われ。

    私はアニメ版を見ていない。途中でダレて、視聴を辞めた。馬鹿にし過ぎ。
    でも気になって、まとめサイトでたまにチェックしていた
    (悔しいッ!ビクンビクン)。
    画像で一気に見られる分、アニメよりも良い。

    力の大会、アニメ版の流れを何となく知っている。
    悟空フリーザの共闘はかっこよかったね。それだけ。
    バトルロイヤル感は漫画版と同様に感じられない。
    メイン勢が戦っている横で、平和に雑談をしていた印象だ
    (バトルロイヤルとはいったい……)。

    漫画版の力の大会は、少しだけ結末が異なりそうだ。
    悟空フリーザの共闘はあるのだろうか?何だか、それすらも怪しい。
    このクソな展開、クソな大会をどう落とすのか。注目したい。

    8巻で知った事。亀仙人は人間の中で最強かもしれない。多分クリリンより強い
     
2020-04-11 21:22 [Sat]

この本は52秒で読んでください

    » 読書
    本文は1ページ目から、208ページ目まである。やれ。

    やってはいけない勉強法 | 石井 貴士 |本 | 通販 | Amazon
    https://www.amazon.co.jp/dp/4866630108

    アマゾンで☆2。私としては☆1。「買ってはいけない勉強法」の本。
    久しぶりのクソ本だ。新品1,400円+税だったのだけど、お金返して。
    1,400円でゲームを買いたい。その方が絶対に有意義だ。

    この本を読んだ時間も返して欲しいけど、そこは仕方が無い。
    得たものとしては、「クソ本はクソゲー以上に腹が立つ」だ。
    確か、本屋の売上ランキング上位にあったけど、騙されてはいけない。
    本の衝動買いは、なるべく辞めようと思った。


    記事タイトルについて。著者によると、
    「見開き2ページを0.5秒でめくっていくのが当たり前だ」
    そうだ。

    「周辺視野を使う」
    「脳のなかの時間の流れを遅くすれば1冊1分で読める」
    「ページをめくる作業に集中する」

    読書法の見出しを抜粋して書いてみたけど、ぶっ飛んでいるでしょ?
    計算してみたら、この本は52秒で読める事が分かった。
    この本に関しては立ち読み52秒がオススメ。
    1分未満で、やべえ本だと分かるかもしれない。

    速読とはこういうものなのだろうとは思うが、私には不可能だ。
    私は著者の言うところのバカであり、天才じゃないからだ。
    机上の空論のような話が長々と書かれており、
    この本を読んだだけで、実践できる人は稀だと思う。
    それこそ元から才能があった天才だけだろう。

    著者が今までに書いた本、そしてセミナーの紹介が書かれている。
    読書法についても、受講者の挫折者ゼロと書かれている。
    この本は、著者の活動について宣伝している側面が強い。
    「物足りない?もっと知りたい?いいよ」
    いやいや、そうはならないと思うぞ。


    お決まりの「英語の勉強法」も書かれているぞ!
    日本人が本を出す時、「英語の勉強法」を必ず書かなくてはいけない?
    妙なルールと言うか、ノルマでも設定されているのだろうか。

    記憶法、読書法、勉強習慣、それらと並び英語の勉強法。
    大項目扱いになっていて、結構な文章量になっている。

    私としては歴史の年号を覚えるのが、大の苦手だった。
    出来事と、年号の結び付け方を紹介して欲しい。
    時系列は覚えられても、意味のない数字は覚えられないのだ。

    他、数学や古文が苦手な人だっているだろう。
    でも、英語。とにかく英語。日本人は絶対に英語が苦手だろう。
    苦手な人の割合が大きいのだから、英語の勉強法だ!
    そんな流れなのだろうか。


    この本は全体として、学生向けに書かれているように感じた。
    受験を突破しようという、受験勉強の話。
    著者が1年間努力した結果、学力を大幅に上げた自慢話が頻繁に出てくる。
    全国模試1位は、確かに凄い。

    でも、この本を読んでも全国模試1位にはなれない。
    元から上位に居る人であれば、1位になれるかもしれない。
    大多数の人は、上位ではないだろう。下位が居るから、上位が居るのだ。

    そして、学校の勉強が全てではない。
    確かに学校の勉強は大切だし、基礎力が無いとやっていけない。
    学校の勉強が出来るに越したことはない。

    しかし学校の勉強が出来るからと言って、何でも上手くいくわけがない。
    だからこそ学校を卒業した後も、大人たちは自主的に勉強する。
    勉強しなくてもやっていける人もいるだろうけど、する人はする。
    勉強した方が、しないよりも絶対に良い。

    私は、この本に学校卒業後の勉強法を期待していた。
    立ち読み不足だったわ……。

    面白そうなゲーム紹介84
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1804.html

    キャロル市長の手下が、暴走し始めた。

    この本を読み終えたのは、2019年12月。
    記事自体は12月22日に下書きを書いていた。
    ちょうどSteamのセール中だったため、記事を書く体力が無かった。
    今まで、ずっと下書き保存の状態で放置。今日、やっと書いたわ。
    現在読んでいる本が読み終わりそうなので、慌てて書き上げた。

    大した内容ではないが、読んだ本はブログに書き残したいからね。
    いや、本当に酷い本だったよ。

    結論、「瞬間記憶をマスターしろ」。方法、「とにかく、やれ」。ハハッ
     
2020-01-17 23:59 [Fri]

身勝手の極意で、無理やり休めよ

    » 読書
    ドラゴンボール超の11巻を買ったぞ。

    気になるけど、頭カラッポに出来ない
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1690.html

    ドラゴンボール超の10巻を買ったぞ。

    私は10巻を9月に購入している。3ヵ月で新刊が出たのか?
    調べてみると、4ヵ月おきで発売していた。ハイペースだな。
    もう少しペースを落として、クオリティを上げた方が良いぞ。
    1年で1巻ぐらいのペースで良いと思うな。

    11巻は2019年12月9日に発売されていた。
    今回は何故か購入と同時に、店員にビニールを破かれたので、
    中身を見る事が出来たのだ。

    たまに見に行くイオン内の本屋は、本当にクソ。
    年末、12月9日以降に1回以上は本屋に行ったのに、
    その時に、一切ドラゴンボール超11巻を見かけなかったぞ。
    新刊コーナーにも、ドラゴンボールの棚にも、ナシ。
    売れているのか?嘘だろ?気配すら無かったからな
    (今回購入した本は初版だぞ。2版でもない)。

    今日たまたま発見して、たまたま購入してみた。
    いや、本当にそろそろドラゴンボール超を、買うのを止めようかな。

    力の大会が行われている7巻を、最近ようやく読んだ。
    素直にクソだった。やはり力の大会は、個人的に好きになれない。
    好きになれない8巻、9巻、10巻は、未だにビニールをかぶったままだ。
    読むのに気合と、ストレスに対する気持ちの余裕が必要。

    気になっていたモロ編。力の大会が終わった後の展開だ。
    今回は11巻のビニールが破かれていたので、パラパラと読んでみた。
    うーん?分からない。これはドラゴンボールなのだろうか?
    サーッと流し読みしただけで、興味を持てなかった。

    原作ドラゴンボールの場合は、流し読みが許されない。
    少しでも読むと、引き込まれて、丁寧にページをめくり始める。

    ドラゴンボール超11巻は、流し読みOK。
    個人的には引き込まれなかったし、パラパラめくるだけで十分だった。
    なんだこれ。私は老害になったようだな。全然、楽しめない
    (映画ブロリーの話が、超に取り入れられているのも驚き。
    まだ見ていないのだけど、何処まで本気なの?何処からパラレル?)。

    2020011701.jpg
    カバーそで部分の、作者コメント欄。

    ドラゴンボール超11巻のとよたろう先生、酷すぎない?
    お辞儀しているジャコが、あまりにもド下手糞すぎて驚いた。

    鳥山先生と、とよたろう先生の違い。修正案を見るのは楽しみの一つだ。
    7巻までの修正案は、特にとよたろう先生を批判するつもりが無かった。
    「まぁ、頑張れよ」程度で、やっているうちにレベルアップするだろう。
    鳥山神と比較するのは可哀そう、だが修行を怠るなよと思っていた。

    ドラゴンボール超11巻カバーそでのジャコは、駄目だ。
    いくら何でも酷い。レベルアップどころか、下手糞になっているのでは?
    そもそも、とよたろう先生に画力があるのか、疑わしい気持ちになった。
    少し休め!休養を取りつつ、自分を見つめ直した方が良い。

    ドラゴンボール超の漫画自体、11巻にもなるのに、進歩が少ない。
    絵どころか、漫画家としての実力も微妙。やっべえぞぉ。

    絵が描けない、言いたい放題の老害からのアドバイス。もういい、一旦休め
     
2019-11-30 23:59 [Sat]

私の運命を変えた本

    » 読書
    新設した「読書」カテゴリに、さっそく投下だぜ!

    「運命を変えた」は、少し大げさかもしれない。
    少なくとも私の今までの人生において、ベスト3に入る本だ。

    謎の読書熱、行動が極端すぎる
    http://dqx11.blog81.fc2.com/blog-entry-1503.html

    用事があって、少し遠出したのだけど、外出先でも読書。
    スマン、立ち読みだ。もちろん、気になった本は買ったのだけどね。

    整理していて気が付いた。
    過去に書いた上リンク先の記事、この時に購入した一冊だ。

    小さな習慣
    著:スティーヴン・ガイズ
    訳:田口 未和

    2017年4月に発売された本だ。古本屋のベストセラー棚に置いてあった。
    間違いなくオススメ出来る本だ。

    私が小中学生の時に読んでいれば、人生が変わっていた。
    もっと早く出会いたかった良書。
    出会えて良かった。買って良かった。本当にありがとう。

    小さな習慣 | スティーヴン・ガイズ, 田口 未和 |本 | 通販 | Amazon
    https://www.amazon.co.jp/dp/4478065772/

    Amazonのリンクを貼っておく。星4.5の高評価だぞ。

    欠点としては、何度も同じ内容が出てくる事かな。
    本の厚みを増やすためなのか、同じ文章が何度も出てくる。
    翻訳本だけど、日本語訳の違和感はナシ。読みやすい。
    ただし日本とアメリカの生活の違いで、想像しづらい部分もある。

    表紙に書かれている、

    (目標は、ばかばかしいぐらい小さくしろ!)

    コレが、この本の全てだ。

    ブログを何故、更新し続ける事が出来るのか。
    自分でブログを書いていながら、凄く疑問に思っていた。
    あと少しでブログの連続更新が、5年目に突入する。
    私は面倒臭がり屋なのに、とても不思議だった。

    「小さな習慣」の本を読んで、謎が解けた。
    私は「Twitterレベルの短文でも良いから、更新し続ける」と常に考えている。
    この考えが私にとっての、バカバカしいぐらい小さな目標になっていたのだ。

    本を読んでいて、すぐに気が付いて、一気にのめり込んだ。

    「腕立て伏せ1回チャレンジ」

    著者が実践したエピソードなのだが、何回も本の中で登場する。
    それぐらい重要な事だ。

    調べてみると、既にネット上にもあるような、よく知られている方法だった。
    習慣マニアの方にとっては、目新しさは無いのだろう。
    ネットと違って、しっかりとした科学的な根拠も書かれている分、
    読む価値はそこそこあると思う。

    少なくとも私は知らなかったし、凄くためになった。
    何処かで聞いた事があったかもしれない。

    しかし、「小さな習慣」の本を読んだおかげで、
    実際に新たな習慣を身に付ける事が出来たし、
    習慣化に対する自信もある程度、出来た。マジ神である。

    この本を毎日最低2ページずつ、最後まで読み続けてください

    第一章の最初からコレ。
    今回、新たに「読書」カテゴリを新設したのは、コレのせい。

    私は気が向いた時に、一気に集中して読むタイプだった。
    1年間に1~2冊程度しか、活字本を読んでいなかっただろう。
    読書好きを自称していたのに、この程度だ。

    「小さな習慣」の本を読み始めた時から始まった、読書習慣。
    現在は、およそ9ヶ月目だ。
    「小さな習慣」の本を読み終えた後も、私は色々な本を読み続けた。
    既に7冊の本を読み終えた。今年中にもう1冊読めるかもしれない。

    私は一気に熱中して読める、面白い本ばかり読んでいた。
    途中で面白さが失速するタイプの本でも、全部読めるようになった。

    幾度となくブログで三日坊主と書いてきた、筋トレが続いている。
    紙と違って、イマイチ面倒なペンタブの絵描きが続いている。
    苦手な英語の勉強が続いている。

    およそ9ヶ月間、読書習慣。
    およそ9ヶ月間、スクワット。

    およそ8ヶ月間、ペンタブを使った修業。

    およそ7ヶ月間、DSのえいご漬け。

    およそ6ヶ月間、腹筋。

    習慣になってしまって、思い出せないだけかもしれないけど、
    とりあえず上記5項目を習慣化できている。

    「小さな習慣」の本に出会っていなかったら、どれも一切続かなかったと思う。
    そういった意味で、私の運命を変えている。
    小さな習慣によって、着実に小さな積み重ねが出来ている。

    一歩どころか、足を上げただけの進捗かもしれないけど、それで良いのだ。
    私は少しずつ成長していっているぞ。本当にもっと早くに出会いたかった。

    たまに見かける「モチベーションに頼る」方法を見て、私は馬鹿にしている。
    出来る人もいるのだろうけど、私は難しい事を知っている。
    むしろ最近の私の興味は、「何を習慣化するべきか」だ。
    まるでスーパーヒーロー並みの特殊能力を身に付けた気分である。
    高みの見物だ!

    さすがに「小さな習慣」の本には、オススメの習慣まで載っていない。
    限りある時間を、どのような習慣に使うのか。人それぞれの人生だ。
    私はその段階まで、進む事が出来たのである。

    スティーヴン・ガイズは、他にもダイエット本を書いている。
    きっと「小さな習慣」の本と似た内容だとは思うが、読んでみたい。
    すっかりファンというか、信者みたいになっている。

    私はこれからも「習慣」という大いなる力を、有効活用していくつもりだ
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring