2020-09-07 23:21 [Mon]

コナン映画 紺青の拳(フィスト) を観た

    » 映画
    2020年4月17日に放送された映画。

    例の如く、妹に誘われたので録画を観た。
    映画自体は2019年4月12日に公開されたものなので、1年前のもの。
    シリーズ最高の興行収入なのに、こんなに早く地上波初しちゃって良いの?

    名探偵コナン 紺青の拳 - Wikipedia
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%82%B3%E3%83%8A%E3%83%B3_%E7%B4%BA%E9%9D%92%E3%81%AE%E6%8B%B3

    本作は平成最後の名探偵コナンの映画となる

    興行収入は93.7億円となり、7作連続でシリーズ最高興収を更新している

    いっつも「シリーズ最高の興行収入」だなと思っていたら、
    7年連続で右肩上がりだったようだ。
    良い映画だったけど、「平成最後」が付くと、アレで良かったのかな?とも思う。
    舞台が日本じゃない。コナンと蘭がメインじゃない。殺人事件よりもアクション。
    コナンは変わってしまったのだ。

    ぴあの調査による初日満足度ランキングで満足度93.5ポイントを記録したが、『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- III レオ×ユウ×アレク』に敗れ第2位となっている

    Wikipediaの項目が面白いので、ちょこちょこと引用させて貰う。
    コナン映画が鉄板過ぎて、何でも1位を取っている印象がある。
    上引用文のように書かれると、とても気になる。

    女性向けは強い、と言う認識で良い?
    チラッと画像検索をした印象で語ると、そんな感じだ。

    女性向け映画かと思いきや、性別関係なく楽しめるらしい。
    申し訳ないが、入り口である見た目の時点で厳しい……。
    漫画のジョジョを見た目(絵柄)で読まなかった、偏見の塊な私に必要なのは、
    柔軟性である。コナンを超えるぐらいなので、かなり面白い映画のはずだ。
    果たして、私が見る機会は訪れるのだろうか。

    Twitterでファンの一部が「コナンを観にいきたい」と投稿すると、匿名のアカウントがリプライで殺人犯の名前をバラすという悪質なネタバレ行為が多発

    またまたWikipediaの項目から引用。
    何となく、この事件を覚えている。そうか、「紺青の拳」の時だったのか。
    まぁ、ネットはネタバレの嵐だから、仕方ないね。ネットの使い方の問題だね。

    ただ何のメディアにしろ、ネタバレが溢れているので、初見で楽しむ事が難しい。
    ゲームの話をすると、まったく関係がない実況動画を見ている時に、
    気になっていたゲームのネタバレなサムネが目に入ったりする。
    ドラクエ11のラスボス?っぽいのを未プレイなのに、何となく知ってしまったよorz

    難しい時代だ。解禁後はネットを利用しない。解禁されたら、すぐに飛びつく。
    瞬発力が無いと、有名な作品、話題作を初見では楽しめないのかもしれない。
    見ないようにしても、関係ないところで目に入ってしまうからなぁ。
    配慮して欲しいけど、無理難題だろう。
    少なくとも、私には解決策が思いつかない。頭の良い人、助けて。何とかして。

    作中でコナンがキッドのスーツケースに隠されてシンガポールへ出国するシーンは、2019年12月に保釈中だった日産自動車前会長のカルロス・ゴーンが無断出国してレバノンへ逃亡した際、「ゴーンは本作を見て手口を真似た」などと中国のインターネットで話題になったという

    Wikipediaの項目から引用。これはワロタ。
    確かにコナンは密入国していた。
    オープニング早々「コナン、やっちまったなぁ!」と、妹と二人で笑っていたわ。

    ただゴーンと関連付けて、気が付く事は出来なかった。
    そうかー、ゴーンのオリジナル技じゃなかったのか。コナンが先だったのか。
    劇中で凄いスーツケースを用意していたけど、
    ゴーンはどんな楽器ケースだったのだろうか。未だに謎である。
    コナンよりも明らかに体がデカいのに、エスパー伊藤もビックリだよ、ゴーン!


    引用からの話題を終了して、本編の話を少しだけしよう。
    なかなかぶっ飛んだ内容だった。

    コナンの世界観と明らかに異なる、京極さんが面白すぎる。
    ストリートファイターだの、スーパーサイヤ人だの、
    アクションシーンで格闘するたびに、妹が「コイツやべえ」と言っていた。
    恐らく定番の怪盗キッド映画にしようとしたのだと思う。
    内容は、完璧に京極さんがキッドを食っている。

    しかし、キッドも負けてはいない。さすがのアクションシーン。かっこいい。
    コナンの、ドヤ顔セリフにも負けない名言を残しており、
    思わず妹が、「キッドかっこいい」と言っていた。
    あと少しで妹がキッド様と言いそうだ。

    なんだかルパン三世が負けてしまったのではないかと思ってしまった。
    毎年やっていたルパン三世に代わって、コナン映画になった?
    今回のコナン映画は、ルパンに負けず劣らずだ。
    アクションが凄い、スケールが凄い。
    怪盗キッドの活躍は、まさに「ルパンかよ」と突っ込むほどだった。

    今回の園子は恋する乙女モード。キャラが変わっていた。
    いつもの蘭を茶化す園子じゃない!
    いざ自分の事になると、まるっきり駄目じゃないか。
    園子には、いつもの調子で居て欲しかった。
    しかし仕方が無いのか。これが恋する乙女なのか。よ、お姫様!

    犯人ネタバレの話題があった事件の方。
    わりと犯人は分かりやすかったと思う。
    早い段階で、犯人の予想が付き、そして当たっていた。

    良く分からない、追い切れていないのは、ちょくちょく日本語な点かな。
    序盤は字幕映画ばりに、英語のやり取りが続く。その間はずっと字幕
    (声優さんが凄く頑張っていた。苦労話のインタビューとか読んでみたい)。
    しかし突然、日本語でやり取りを始めだす。いったい何故?

    小五郎のおっちゃん、蘭姉ちゃん、園子姉ちゃん、新一の4人旅だったようだけど、
    いったい誰が通訳?どうやって現地人とのやり取りを行っていたのだろうか。
    おっちゃんが一人で飲み歩いたり、蘭姉ちゃん、園子姉ちゃんの単独行動もあり、
    3人それぞれが英語に堪能なのだろうか。

    超頭が良いであろう新一や、大金持ちの園子が通っている高校だ。
    かなり偏差値が高いに違いない。優等生っぽい蘭も当然、頭良し。
    日本のハイレベルな高校生の英語力とは、果たして?さっぱり謎だ。
    おっちゃんは元刑事で名探偵。ある程度は言葉にも詳しい?
    外国語のダイイングメッセージを見逃したら、大変だもんな。

    シンガポール - Wikipedia
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB

    いや、そもそも舞台となったシンガポールの公用語って、英語?
    Wikipediaによると、英語、マレー語、中国語、タミル語となっていた。
    バイリンガルを超えた、マルチリンガルかよ。シンガポールすげえ。

    多文化主義及び文化多様性があり、550万人の人口の38%は、永住者及びその他外国籍の人である。シンガポール人は華人 (74.1%)、マレー系 (13.4%)、インド系 (9.2%) 及びユーラシア人に大別でき、大部分は2言語使用者であり、共通語及び第2母語として英語を使用する。

    ほぼ全ての人がバイリンガルで、英語が大体通じると言う事か。
    残りの62%の人にも、英語は通じるのだろうか。
    現地人に成りすましたコナン君が、日常的に日本語を話していたのも謎。
    そこは英語を使おうよ!もしくはマレー語、中国語、タミル語でお願い!

    キッドの変装ではあるが、もう新一本人としか思えない。
    それぐらいハマっている変装の名人。
    コナンと新一が共演しているようで、嬉しかったね。新一かっこいい!

    ネタバレになりそうなので、書かないが、色々と進展があった様子。
    映画ではない、本編の話の方も気になるところだ。
    テレビスペシャルにして、まとめて放送してくれないか。
    それとも私が見逃がしてしまったのか。


    最初期と比較すると、本当にまるっきり変わってしまったコナン映画。
    コナン映画としては、どうかとも思う。
    新しいコナン映画に付いていけない日が来そうな気がする。
    でも今回の映画は、アクションシーンが面白くて良かった。ギャグ回な映画だね。

    満足度で他の映画に負けてしまったコナン。果たして、8年連続の記録を作れるのか
     
2020-05-08 23:56 [Fri]

アラジン をDVDで観た

    » 映画
    妹がレンタルで借りてきて観ていたので、一緒に観た。

    アラジン - 作品 - Yahoo!映画
    https://movies.yahoo.co.jp/movie/366505/

    2019年に公開された、新しいアラジン映画だ。
    ウィル・スミスがランプの魔神ジーニー役をやっていて、話題になった。

    主人公のアラジン役、ヒロインのジャスミン役、どちらもハマっていたと思う。
    ウィル・スミスはどうかと思っていたが、観ていると違和感が無かった。
    騒がしい、やかましい感じの演技は、とてもジーニーっぽい。

    本編は当然ミュージカル。ストーリーの途中で、突然歌って踊り出す。
    私はミュージカルが苦手だ。訳が分からない。楽しみ方が良く分からない。
    そんな私でも、アラジンのミュージカルは、そこまで嫌に感じなかった。

    ……後半で兵士に捕まったジャスミンが独唱するシーン以外はね。
    あのシーンだけ浮いていたわ。明らかに不要なシーン。
    女性が感情的になると、障害となる人物がチリとなって消滅するぞ!
    妄想の中でだけどな!やっぱりミュージカルは苦手だ。

    序盤のアラジンがジャスミンを連れて、逃げるシーン、
    ジーニーが願い事について説明するシーン、
    アラジンが王様に変身して、街中でパレードをするシーン、
    この3つのシーンに関しては、凄く良かった。見ていて楽しい。
    ミュージカルの効果的な魅せ方の問題なのかな。

    前半のアラジンはカッコイイのだけど、後半のアラジンが好きじゃなかった。
    突然、イジイジし始める。私には別人のように見えてしまった。
    アラジンの描き方が足りない、上映時間の問題なのか。
    それとも私の思考が追いついていなかったのか。

    テレビの問題かもしれないが、画面が暗いシーンが少し多い。
    途中まで、顔と名前が一致しなかった。あんた誰?状態。
    名前は分かるけど、誰が誰なのか不明。
    昼の砂漠のシーンで、アラジンと話している人物が誰なのか分からなかった
    (ジャファーと言う悪役だった)。

    総じて、悪い映画では無いと思う。しかし良作かと言うと疑問。
    私としては、一度見れば十分な映画だった。
    ファンタジーな子供向け映画なので、子供は喜ぶと思う。
    しかし子供時代の私が見ても、そこまで大好きな映画にはならなかっただろう。
    ゲームの影響で、アラジンという作品自体は大好きだったのにな。

    最近のD社は少し恐ろしい。妙な思想を入れずに、娯楽作品を作れないのだろうか
     
2020-02-08 23:59 [Sat]

コナン映画 瞳の中の暗殺者 を観た

    » 映画
    2020年2月7日に放送された映画。

    映画自体は2000年に公開されたものなので、20年前のもの。
    人気投票で第一位になったのだそうだ。

    順位の方も、なかなか興味深い。
    「異次元の狙撃手」は観た覚えがないなぁ。
    少し検索してみて、CM動画を見てみたけど、やっぱり記憶にない。
    3~5位は覚えているのだけどね。

    特に3位の「天国へのカウントダウン」は大好き。
    かなり記憶に残っている。印象深いシーンがたくさんあった。
    大人になったせいなのか、子供たちの奮闘に弱くなっているのもある。
    緊張感が半端ない。1~5位の中では、私の中でベストだな。
    せっかくのランキングだし、2~5位も放送して欲しいところ。

    そして、今回の「瞳の中の暗殺者」。まぁ、1位なだけあるね。
    1本の映画を観た満足感があった。観終わった後も、しばらく興奮していた。
    こいつぁ、良い映画だぜ。

    過去にもテレビ放送した事があるし、再放送もあった。
    でも何故か、まったく内容を覚えていなかった。
    ポスターは凄く見覚えがあるのだけどね。

    白鳥警部、最後の映画と言うのは驚き。
    当時、ニュース番組を見た記憶は残っている。
    私の中で、白鳥警部の印象は無かった。
    すっかり現在の白鳥警部に慣れてしまっている。

    私は犯人の予想が付かなかったぜ……。妹の犯人予想が的中していたぜ。
    ツイッターを見ると、顔が豹変し過ぎる犯人として有名らしい。
    確かに顔が違った、雰囲気がガラッと変わるヤツだったな。

    おっかないヤツだったが、イラッとしたのも分かる。いいぞ、やれ。
    しかし1人殺すとタガが外れたのか、人命が軽くなっていくのは頂けない。
    結局、悪いヤツだったのだ。

    そんな事よりも、日本が舞台なのに、犯人の装備に驚く。
    一体、拳銃を何丁持っているの。犯行現場に銃を捨てていくとか、勿体ねえ。
    クライマックスの時も、凄い装備を持ち出していたな。
    あんな暗視ゴーグルは初めて見た。

    蘭姉ちゃんが犯人の持っているナイフを、蹴って折るシーン。
    空想科学的には蘭姉ちゃんの蹴りよりも、犯人の握力の方が凄いらしい。

    そんな事よりも、私はナイフを蹴って折る方が怖いよ。
    刃の向きとかさ、一歩間違えれば、つま先にグサーッじゃん。
    靴に刺さる、靴が壊れるぐらいで済むのか、折る自信があったのか。
    蘭姉ちゃん、恐るべし。

    この映画の名言の一つ。
    「Need not to know (知る必要のない事)」
    ハイ、まったく覚えていなかったよ!
    英語はスルーする脳ミソだったようだ。

    「Need not to know (知る必要のない事)」を言われた時。
    小五郎のおっちゃんが驚く顔は、少しだけ覚えていたかな。
    他はさっぱり記憶に無かったなー。


    良い映画だったのだけど何故、私の記憶に残っていなかったのか。
    多分ね、私の記憶がイメージ優先なせいだと思う。
    「瞳の中の暗殺者」は名言が熱い映画だった。

    「Need not to know (知る必要のない事)」の他にも、
    小五郎のおっちゃんのプロポーズの言葉と、
    コナンのプロポーズの言葉。小五郎のおっちゃんの親な一面。
    園子姉ちゃんの友達想いな一面。

    どれも私の中でイメージとしては、残らなかったようだ。
    この映画以外でも、コナンはいつもクサい事をキザに言っている。
    小五郎のおっちゃんは家族の事だと、スイッチが入って熱くなる。
    園子姉ちゃんはいつだって、蘭姉ちゃんの一番の親友。
    「瞳の中の暗殺者」ならではの事柄じゃなかったためだろう。

    佐藤刑事ィィ!なシーンとか、噴水のシーンとか、
    電車待ちからの命がけシーンとか、イメージとしてはそれぐらい?
    コナン君がボートを自慢げに運転していたけど、もはや大して印象に残らない。
    ああ、スケボーで無茶をしていたな。書いていて思い出すレベルだぞ。

    「瞳の中の暗殺者」の内容がスッポリ抜けて、
    ポスターだけ記憶に残っているのは、そういう事だったのじゃないかと思う。

    アクションやら、絵のイメージだけが全てでは無いのだけどね。
    私の好きなコナン映画であれば、印象に残っているセリフもある。

    ……とは言え、本当に良い映画ではあった。昔のコナン映画が観たくなったよ
     
2019-11-21 23:43 [Thu]

ジュラシックワールド の録画を観た

    » 映画
    2017年8月に録画したジュラシックワールドを観た。
    ノーカット地上波初放送。
    吹き替えを、山本耕史、仲間由紀恵の二人が担当する。
    映画が始まる前にドヤ顔で収録苦労話を語っており、
    本編が始まるまで、「またクソ吹き替えか」と非常にヒヤヒヤした。

    ……すると、ビックリ。
    どの俳優さんの吹き替えが山本耕史さん?仲間由紀恵さん?
    さっぱり分からない程に馴染んでいた。正直に上手い。凄い。
    まだまだ精進できるのだろうけども、素人の私からすれば十分に合格点。
    テレビに良く出る有名人を使いたがる映画に、積極的に吹き替え参加して欲しい。
    声優業を舐めている奴は、この二人を見習え!
    マジで苦労して、頑張ったのだなと思う。頑張りが実っているよ。ドヤ顔してヨシ。


    内容に関しても良かった。しっかりとエンタメしていた。
    ただワイワイやって、グチャグチャに殺されるだけではなかった。
    人間の傲慢さや、身勝手な感じが上手く描写されていて良い。
    初代ジュラシックパークから22年後を舞台にしているだけあって、
    今の技術でも頑張れば出来そうな凄い技術が登場する。
    ぶっ飛んだSFや、近未来感ではなく、現実っぽさが出ている。

    今回は恐竜の血を吸った蚊の琥珀だけじゃないのが驚きだ。
    正直、私は前情報を知らな過ぎたため、
    ただのジュラシックパークのリメイクだと思っていた。
    ジュラシックパーク3の続編なのね。しっかりと続編になっていた。

    ジュラシックワールドの続編、ジュラシック・ワールド/炎の王国。
    続編は、2018年7月に公開された。
    宣伝でも見かけていたし、知っていたのだけど、チャンスを逃し続けた。
    映画館で度迫力を味わってみたかったな。

    続編の方も何か機会があれば観てみたい。なかなか良い映画だったと思う
     
2019-11-02 23:59 [Sat]

トゥームレイダー の録画を観た

    » 映画
    2019年10月27日に放送された映画。正確には今週のタイムシフト。

    トゥームレイダー (映画)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/トゥームレイダー_(映画)

    ずいぶん昔に何度か観た記憶がある。今回は久しぶりの観賞。
    改めて調べて、2001年に公開された映画と知りビックリだ。
    古い映画だとは思っていたけど、もう18年も前の映画になるのか。

    当然、絵が荒い感じがするし、CGは洗練されていない。
    だが、それが良い。何とも味わい深い物になっている。
    一周回って新鮮味を感じる。
    今の私ならば、昔の映画のストップモーションを見て感動できそうだ。

    ストーリーは無いに等しい。
    アンジーが演じるララ・クロフトが飛び跳ねて、銃を撃つ映画。
    それで良いんだよ。ドンパチ冒険アクション映画として安定の面白さがある。

    最初に観た時は、ララとロボが戦うシーンにワクワクした。
    ララが邸宅の天井にヒモを付けて、ブランブラン戦うシーンも好き。
    うん、映画の前半部分だな。
    どういうわけか後半の記憶が抜け落ちていた。
    私の記憶に残っているのは、2の方だったようだ。
    テレビ用にカットされたのだろうけど、何とも妙な終わり方だったな。

    ダニエル・クレイグ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ダニエル・クレイグ

    当時はまだ意識して見ていなかったダニエル・クレイグ。
    6代目ジェームズ・ボンドな。
    まさかトゥームレイダーに出演していたとは思わなかった。
    新ジェームズ・ボンドに抜擢された時に初めて知ったレベルだった。
    今回トゥームレイダーを久しぶりに観て、新たに発見したポイントだ。

    汚い大人になった現在、アクション以外にも、乳にも注目してしまう。
    デカくね?いくら若くてムチプリなアンジェリーナ・ジョリーと言えど、
    ちょっと不自然なレベルで大きいように見えた。
    絶対にパッドだぜ、あれは。

    ララと言えば巨乳という点がある。
    最近のゲームだと控えめになっているが、リブート前までは巨乳キャラだった。
    巨乳キャラを反映するために、パッド盛り盛りだったのだろうな。
    シーンによって、大きさが違うようにも見えた。こだわりのオッパイかよ。
    走ると乳揺れする。ゲームファンも納得の再現度かよ。

    なお、リブートされた最近のトゥームレイダーのララは、乳揺れしない模様。
    あくまでも昔のイメージ。最近のトゥームレイダーをプレイしていて、
    私はオッパイの印象が残っていない。

    ゲームと言えば、改めて観た映画のトゥームレイダーは凄くゲームっぽく見えた。
    邸宅ステージ、森ステージ、遺跡ステージ……。
    敵キャラやギミック、ステージの仕掛け、ゲームに見えて仕方が無い。
    私がゲーム脳なだけではない。まぁ、都合が良いと言うかね。
    「ほら、アクションしろよ」
    と言う雰囲気をビンビンに感じる。そのままゲームに移植できそうな内容だった。

    忘れた頃に、たまに観ると良いと思う。個人的には良作な映画だ
     

ブログ内検索
Flashカレンダー
月別アーカイブ
リンク
Glep Web Ring
    Glep Web Ring